アクセスカウンタ

一柳ナヲのハードボイル道(ドウ)

プロフィール

ブログ名
一柳ナヲのハードボイル道(ドウ)
ブログ紹介
絵本作家の一柳ナヲです。
2011年5月10日に多発性硬化症と診断されました。
病気のことなど、いろいろとつづってまいります。

「吾輩はエコである」
「おもでいらくだ」
「ぜんまいおおかみ」
「みつめていたい」を白馬書店より出版しております。

zoom RSS

生きにくさ

2017/04/27 01:58
生きにくいなあ と感じます。

これは、MSとは関係なく

生来の性質的なものなのですが。

本日

仕事場で

女子職員がお茶をしているところに

顔を出したら

「あら、ちょうどあなたのことを話してたんだ」

と言われて

ただもう、単純にうれしくなり

話の内容も確認せずに

「ワタクシモ、ハナシタイコトガアッテ」

と、会話に加わろうとすると

ワタクシの話す内容が

いまひとつ

うまく伝わらない。

アレ、今、何語で話してる?

と、思うほどに。

ワタクシをよく知る同僚が

細かく通訳してくれる。

「〜ということを言いたいんだよね?」

と。

コクコク←うなずき

その通訳が入って、みなさんが

アア、ナルホド

となる。

何だか

輪から遠く はずれている気持ちになる。

一時期、こういう状況になることが

ひどく気になって

 ・主語、述語をはっきりする。

 ・ゆっくり話す。

この点に気をつけて

会話していた時期がありましたが

あまり状況は改善せず。

以前、離職する同僚から

「今だからいうけど

ナヲさんの言ってること、半分もわからなかった」
↑ノー悪意

と笑いながら言われたときは

穴に落ちたような気持ちになりました。

今は、もう

自分の課題点を探すより

通訳をしてくれる人がいることを

ありがたく思おう

と、思うようになったものの

やはり、ちょっとヘコみます。

わはは。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


非正規雇用者

2017/04/24 00:30
非正規雇用者というのは

軽視されがちだとは

わかっていたものの

あらためて

ブン殴られると

目がパッチリ覚めるものです。

先週、仕事はじめに告知されたこと。

今月から給与体系が変わって

先月までは月給制だったのが時給制に移行。

時間数に応じて

ボーナスが支給されていたのが

一切なくなる、とのこと。

グワー!

先月、

契約継続の通知を受けたときには

何も知らされてなかったので

あわてて

扶養に入れるかどうか

年収の見込み計算をしたのですが

交通費を入れると上限130万円をチョット超える。

「職場に歩いて行きます」



「先月分の給料返します(払う税金と社会保険料の方が多い)」

と言おうかと血迷いました。



税金は払ってる人間が多い方が

それだけ国の足しになる…
↑足しにならぬほどチョットだが。

と、思い直し

苦いモノを飲み下す…。

特疾の医療費控除を受けている身デスシナ…

さらに

先月まで週4日勤務だったのが

時間数は減ったのに

週5日勤務に変更になったとのことで

通院日との調整が必要になってくる。

ナゼに契約継続の通知のときに

知らせてくれなかったのダロカ

と、ついハンケチをかんでしまうけれど

年度の切り替わりの繁忙期

非正規雇用のことなど

後回しになるのは必須かもしれヌ。

などと考えていると

自分がどんどんポンコツに思えてくるからフシギ。

それにしても

この国は、ナンデこんなに余裕のない国に

ナッチャッタのかなあ?

ねこぢるセンセの「ぢるぢる旅行記インド編」

を読んで気を持ち直そう。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


もうすぐ6年

2017/04/20 01:28
多発性硬化症を患って

もうすぐ6年が経ちます。

のど元過ぎれば…

な性質なので

ハテ

初期症状はどんなだったかな



日記を読み返してみる。


2011年4月16日(土)

 右目が痛い。

    5月1日(日)

 映画を見た。
 目をうつすたびに視界が揺れて、
 字幕が読めない。

 ふりかえると、回転性のめまいがする。

 片足で立つことができない。

 何がおきてるんだろう。
 
    5月6日(金)

 視界の揺れがどんどんひどくなる。

 近所の眼科を受診。
 近所の神経内科を紹介される。

    5月9日(月)

 脳MRI画像に白い点があるとのこと。
 都内の大きな病院の神経内科に紹介状を書いてもらう。

    5月11日(水)

 多発性硬化症の疑いが強いとのこと。

 ちょうど、多発性硬化症の専門医の外来日だったので
 脳MRI画像を見てもらう。

 診断が下る。

   5月13日(金)

 ステロイドパルスのために入院。
 検査の結果
 一次進行型の可能性を示唆される。

 働けなくなったらどうしようどうしよう。

…「働けなくなったらどうしよう」

それが一番怖かったデス。

幸い、ステロイドパルスで

目振は消えて

めまいや左半身のマヒも治まり、

職場に復帰できました。

復帰できれば大丈夫、という

単純なものではないことを

あとで思い知ることになるのですが。

上り坂の多い人生ではありますが

今、まさにここが心臓ヤブリ!

という激坂のときは

他のことを考えながら上ると

上り坂が早くおわります。

…相変わらず

何が言いたいのかわからないですね…
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


仕事がはじまります

2017/04/17 01:25
今日から

定時制高校での
お仕事がはじまります。

はじめて就いた仕事が

やはり定時制高校の教員でした。

一番最初の授業。

板書しているときに

後ろから教科書が飛んできて

ちょうど顔の真横の黒板に

バコンと当たって床に落ちました。

おお…これが洗礼か。

キモが冷えましたが

「ここで動じたら最期!」

と思い

教科書を拾いあげて

「ここに置いときまーす」

と、努めて平静を装った結果

それ以後授業を妨害?されることは

一度もなかった。

「すべからく生き物は

「恐怖」によって獲物になる」

ロシアの動物園で

トラのエサとして送り込まれたヤギが

反対に角でトラを追いかけまわした結果

なかよしになった

というおはなしがあります。

思うに

「恐怖」によって

狩る側のスイッチが入るんじゃないか、と。

定時制高校の生徒さんの中には

威嚇しながら近寄ってくるネコのようなコもいます。

かまってほしいのか

かまってほしくないのか

手を出すと

シャーッとやられます。

スマンスマン と思って

距離をあけて仕切りなおし。

「自分の居場所」を懸命に手探りで
探してるコが多い。

ストレスをためることもあるけれど

はたらいてるときは

病気のことを忘れてしまう。

ありがたいことだと思う。

ガンバリマス。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


25回目タイサブリ

2017/04/13 20:10
桜は、盛りもよいけれど

散り際が一番

胸をひっぱられます。

「花は盛りに

月は隈なきをのみ見るものかは」

兼好法師もそうだったのだろうか。

桜の花びらが舞う下

病院に行って来ました。

タイサブリ25回目。

JCウィルス抗体値も提示されました。

結果は0.39。

今のところ、0.3〜0.6の間を

行ったり来たり。

0.9以上になったら

白質脳症の危険性が出てくるため

タイサブリをストップすると言われてマス。

「このまま、タイサブリ、続けられそうだね」

と、主治医。

テクフィデラについて尋ねると

〇 ここ3年連続で新薬が出ていて
  治療現場が大混乱している。

〇 2017年のMSの治療ガイドラインに
  テクフィデラが含まれない可能性が高い。

〇 海外では、テクフィデラの売り上げは
  横ばいになりつつある。

ということを教えてもらいました。

日本ではテクフィデラの売り上げは

ゴンゴン右肩上がりの気配濃厚らしいが。

はて。

ちょうど、知り合いが

同じ日に、抗がん剤治療(ジェムザール点滴)
を始めたところで

「どうってことなかったよ」

と、明るく言っていたのが

夜中に副作用で嘔吐

冷や汗が止まらなくて

「ヤバい」と思ったとのこと。

ワタクシも(「も」は正しくないが)

タイサブリを始めて1年間は

頭痛、発熱、湿疹で

こまっていたことを思い出しました。

「副作用が出るまでは

自分は副作用なしですむんじゃないかと

思っちゃいますよね」

と、わははと笑う。

今さらですが

ホントに笑うって大事。

病院へ向かう道の桜。

花影。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


病気と結婚

2017/04/09 18:06
ワタクシは3年前に

ケッコンをしたのですが

難病患者(さらにトシ)が結婚する

というのは

考えていたよりも

ずっと

ハードルが高いことなんだと

身にしみて感じた…

というより

かたまっていた

かさぶたを

メリメリはがされて

傷口にキンカンをぬられて

パッチリ目が覚めた感じです。

やはり嫁は

「子どもを産むこと」が

何よりも大きな役目

そこから、はみ出るモンは

もはや嫁として認められない。

そういう考えが一般的です。

そのため、ケッコンを諦める方も

多いのではないかと思われます。

さらに

病気について説明すればするほど

「そんな得体のしれない病気で

将来的に大丈夫なのか」

というウタガイを招くことになったり。

おそらく

このハードルの前で

逃げ腰になってしまう相手は

たとえ、ナントカ結婚しても

ウマくいかないのではないのかな…

と思います。

ワタクシの母親は言いました。

「自分の子どもが

難病患者と結婚するって言ったら反対する。

それが、親の気持ちだよ」

と。

ぐわー

なんとゆうことをいわしゃるか。

それが実の母親の言うことか!

と、とびかかって

髪を引きむしってやろうかと思いましたが
↑それが実の娘のすることか!

今は、

なんとなく

そう言った母親の気持ちがわかります。

それが、親の愛情なんだろうな、と。

さきほど、主人と雨の中

桜を見てきました。

そして、ふと

思い出しました。

結婚前に

いろいろ考えて

ワタクシから主人に

「まだクーリングオフききますよ」

と伝えておったことを。

この高いハードルを越えてくれたことを

しみじみと

ありがたく感じる3年目の春。

↓先日、晴れた日に桜を見に行って
ナゼか柳を撮影。

柳、歌ってます。
画像

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


結婚

2017/04/04 01:12
東京タラレバ娘を読んで

ちょっと驚いたのですが

最近のアラサーの女子は

あんなにも

結婚にあせってたりするのでしょうか。

たしかに

ひと昔前のアラサー女子は

ちょっと育ち過ぎたペットと一緒で

「トイレのしつけ済み」

「ワクチン済み」

「小屋つけます」

だのオプションがないと

なかなか売れなかったのかな。

ワタクシの知り合いにも

30代に突入してから

かなり高額な会費を払って

結婚紹介所に入会して

婚活しておるコがいました。

あんまりに

話がオナガレになるので

訊いてみたら

「前回、逢った人は髭がイヤだった」

と言うので

「エ、今ハ髭モカッコイインジャナイノ?
 ホラ、オダギリジョートカサ」

と、言ったら

「夏目漱石みたいなヒゲだった」

とのこと。

ナルホド、牛乳飲んだら

ついちゃうもんね…

と同意はしたんだけれど

買い手市場でもなくなってきたら
(当時は。今の30代はまだまだ買い手市場)

白馬の王子サマを夢見るのはよいが

王子サマ本体(見た目)か

王子サマののってる馬(仕事)か

どちらかに焦点をしぼった方が

勝率(何の?)は高いのでは?

そもそも

買い手市場の男性が

結婚紹介所に登録するのか?

その可能性は?

と、イロイロ考えました。

結婚は判断力の欠如

離婚は忍耐力の欠如

再婚は記憶力の欠如

むかしの人はウマイこというね。
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


友だちの定義

2017/03/31 01:56
ワタクシの「友だちの定義」。

そのヒトが

ワタクシのことを

たとえ

キライになったとしても

その人のことを

友だちだと思うキモチに

変わりはないだろう

というミョーな自信

その自信を感じることができる人が

ワタクシにとっての友だちです。

と、いうハナシをすると

「わー、レズっぽい」

と言われたりするんですが
↑特に女子から

レズで結構ザマスヨ…

と、ココロの中でつぶやきます。

さて

まったくカンケーありませんが

先ほど

編集長と話していて

キンコン西野さんの話題になったとき

編「ほら、あの…なんだっけ、ナントカコンブ」

ワタクシ「コンブ?」←難聴

キングコンブ

聞きまちがいだったのですが

「キングコンブ」ってスゴいね。

エンパイアステートビルによじのぼるコンブ

ヘリコプターを叩き落とすコンブ

美女に弱いコンブ

すごいクール。

ひとりでほくそ笑む

春の夜ふけ。
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


すい臓がん

2017/03/28 02:54
先週

仕事仲間から電話があり

ひとこと目から

「すい臓がんになっちゃった」

と。

あまりにも、あかるい調子だったので

「盲腸になっちゃった」

くらいのレベルのハナシかと思ったのですが

調べてみたら、とんでもない…。

この人は殺しても死なない

と思ってたほど

元気な人なので

実感がまったくわかない。

親に電話して

そのことを告げると

母が

「あら、気の毒。おくさまは?」

と、きいてくるので

「今はひとりだよ」

と答えると

「むかしは二人いたの?」

という。

笑いゴトじゃないのに

大笑いしてしまった。

と、いう話を本人にしたら

こちらも大笑いしてくれた。

「おもしろいから書いてイイヨ」

と、本人の了解を得たので

ブログに書きます。

かくいうワタクシも

知り合いとの会話で

「98歳の母が入院して」

と言われて

「あら、大往生ですね」(ノー悪意)

と答えて、一気に空気が凍った

というより、もはやブリザードになった

という経験アリ。

この娘にしてこの母アリ。

ああ、でも笑ってても

うん

さびしいやね。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


宣告からのバトル

2017/03/23 01:29
多発性硬化症の

診断が下りたときのことを

最近

思い出します。

病院からの帰り道

駅で、実家の両親に電話して

診断が下りたことを話すと

両親が受話器をうばい合うようにして

代わる代わる

何か いっしょうけんめい

言ってたのを憶えてるんですが

内容が思い出せない。

ただ もう 両親の声を聞いたとたん

それまで

「無」だったのが

急に感覚が戻って来て

どっと 涙があふれて

いいトシして

駅でしゃがみこんで

声をあげて 泣いてしまったのは

憶えてマス。

おかげで?

人ごみの中

しゃがみこんで 泣いている女のヒトを

みると

「アア…オキモチ、サッシマス」

と、思うようになりました。

よんどころない事情なんだろう…と。

病気とは、宣告を受けてからが

戦いなのですよね。

まわりから心配されると

負担に感じるときもあれば

深夜に 

たすけて!

と さけびたくなるときもあり。

自分の感情の舵取りがきかない。

冷静でいられるときと

不安に駆られるときの

感情のふり幅に疲れてしまう。

そのうち

なるがままよ〜

と、思えるようになったりするんですが。

あれから、もうすぐ6年。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


病気と仕事

2017/03/18 01:59
フルタイムの仕事を
辞めてから

というより

失職してから丸3年になります。

3年前のこの時期に

急に管理職に呼び出され

「来年もお願いすると言ってたけど

新入社員がくることにナッチャッテ」

と、すまなそうに言われたときは

ホントに

サ〜ッと

からだが冷たくなって

ナルホド

これが「血の気が引く」

ということかと思いましたが。

翌月から

パートをかけもちして

働いたけれど

生活費と家賃に加えて

国民健康保険、住民税、国民年金

など

前年度の収入で換算される税金が

パートの収入より高くなってしまって

さらに

MSが大脳と脊髄に

立て続けに再発。

病状を悪化させるために

わざわざ仕事をしているような状態に

なってしまって。

病気の治療と仕事を

両立させるのは

なかなかに手ごわい。

ヒトは生きるために働いてるのに

体を壊すために働く、というのは

本当に本末転倒だな…と

しみじみ思う。

そういえば

「紳士は税金と寝た女の数のことを多く語らない」

村上春樹センセの小説に

そんなことが書いてあった。

税金のことを話すのは下品なのカシラ

と、口をおさえることもあるけれど

これは、たくさん収入があって

女に不自由しない男のヒト限定のマナーだね

とも思う。

カッ
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


10年経ちました

2017/03/14 00:51
ねこやなぎの 銀色のにこ毛
沈丁花のにおい

1日ごとに
春のつま足が
ひたされていきます。

「おもいでらくだ」が出版されたのが
2007年なので

今年で早、10年。

10年前は

まだ健康体だったので

絵本が出版されてから

都内近郊の書店に

自分で営業をかけに歩きました。

飛び込み営業。

今、考えると

よくできたな、と我ながら感心。

何件も門前払いされました。

あからさまにイヤな顔されたり
↑トーゼン

門前払いが何件か続くと

ヒトとして否定されているような気がしてきて

けっこうヘコむのです…。

足も棒のようになるしね…。

でも

「うちに置いてもいいですよ」

といわれたときの

あのよろこびは

今でもワスレラレナイ。

自分の足を使って

見た目はブサイクでも

体当たりで何かをするって

後になってみると

わりと

いいもんだなあ

と思ったりする。

それにしても

絵本作家で生計立てられる人って

何%くらいいるのだろうか。

貧乏なのに

24色のクレパス買ってきて

かなしいかい?って訊いた歌…

「神田川」だ。

あんな感じじゃないのかな。

そりゃ、かなしいわいな…
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


ラ・ラ・ランド

2017/03/10 00:59
今、話題の映画

「ラ・ラ・ランド」を見てまいりました。

この監督さんの前作

「セッション」、

とてもよかった。

青年ドラマーと鬼教官の

魂のぶつかり合い

といいますか

一見、スポ根のようだが

レディコミ級の粘着気質感もある

話運びがスキでした。

ということで、

「ラ・ラ・ランド」、
とても楽しみにしておりました。

さて

本編。

冒頭で

いきなり高速道路で

歌ったり踊ったりが始まります。

これまた圧巻。

今、思うと、これ
ものすごいロケットスタート。

まさに富士急のドドンパ。
↑乗ったコトないが

ここでふり落とされると

最後まで映画のテンションに
ついていけなくなりますので

これからごらんになる方は

心のご準備を。

あらすじです。

ジャズオタクと
ハリウッドを夢見る女の子の

ちょっとほろ苦いラブストーリー。

知り合いは2回見に行って

2回とも、ラストで号泣したそうです。

ワタクシは冒頭で

ふり落とされたままラストを迎えたので

アホ毛が出たまま

エンドロールでした。

そういえば

ワタクシ、そもそも

ミュージカルというものが

苦手だったのでした。

あの名作「ウェストサイド物語」

トニー青年とマリアの名場面。

「マリア」と、トニー。

「シッ、パパが起きるわ」と、マリア。

トゥ〜ナ〜イ〜♪(大絶叫)

パパどころか通報される…

と思ってしまう。

「ラ・ラ・ランド」

むかし、失った恋が

今でも

遠く、輝いて見える方には

ラストは必見かもしれません。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


天賦の才+反逆魂=中村正義

2017/03/07 02:40
東京都美術館で

開かれている

人人展に行って参りました。

心待ちにしておったのが

渡辺つぶらさんの新作と

初日に上映された

日本画家・中村正義の
ドキュメンタリー映画。

そもそも

人人展は、中村正義が始めた

美術展なのです。

中村正義という人は

若干22歳で日展に初入選。

その後

36歳で日展の審査員に選ばれるものの

日展の閉鎖的権威タテ社会に

イヤ気がさし

脱退して
日展に反旗を翻した異端児。

サラリーマンでいうなら

みながひれ伏すような大企業に

ケツまくって

辞表を叩きつけたようなもんでしょうか?

とにかく

縛られることや

制限されることを

蛇蝎のごとく嫌い

自由奔放な絵を次々に描き、

かたわら

若手の才を発掘し支援します。

笑っちゃうのは

こんな反逆児のような人でも

お金に困れば

「オレはペテン師になる」

と言って

正統派の美しい日本画に立ち戻り

それを展覧会で売って

妻子を養う、という

よき家人としてのお顔もあるところ。

上映前の対談では

中村正義を「ボブ・ディラン」に

例えていて

アア、ワカル。

と、スゴく納得しました。

このヒト、ロックなんです。

映画の最後、

日展と鼻づら突き合わせた

美術展の開催は痛快です。

まさに

「コレデモ喰ラエッテンダ」

ロックだね。

ロックを愛する方は

ぜひ、中村正義の作品を

ごらんになってみてください。

今、世で多用されている

「時代の反逆児」というコトバが
↑政治家の大好物

ぬるすぎて

ヘソで茶もわかせない

そんなふうに思うかもしれません。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


生きるンダ

2017/03/04 01:52
人工知能が

チェスや将棋

さらには「奥が深くムズカシイ」

といわれる囲碁でも

人間に勝った

というニュースを見ます。

人工知能が東大入試を
目指したり、

とか。

そういうニュースをみると

何となく

ちょっと、ゾッとしてしまう。

人間に勝つということで

まるで

人間ハ、モウイラナイヨ

と、突きつけられているようで。

人工知能も

人工知能をつくったヒトたちも

本当にスゴイと思う。

だから

人間ができることで

勝つんでなくて

人間ができないことを

やってくれないかなあ

と、思う。

人間は、人工知能のように

データ処理は速くないし

量もこなせない。

怒ったり

悲しんだり

食べたり

排泄したり

産んだり

壊したり

文句いったり

要求したり。

こんなブサイクな生き物もいないよ

と思うのだけれど

でも、ただ ただ

生きてるということ

それが

もう、スゴイことなんだ

と思う。

ワタクシは時代遅れで

バカなんだと思うけれど

この感覚に

揺らぎがない。

ただ ただ 

生きる

それが スゴイことなんだと

伝えられる作品を

これからもつくりたいなあ

なんて思う。
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


タイサブリ3年目突入

2017/03/02 00:39
駅から病院まで続く道。

かたい桜の蕾の下で

沈丁花が香ります。

毎年 この香りをかぐと

芸妓のうなじと

練り香水を

連想します。

本日、タイサブリ24投目。

タイサブリを導入して

まるまる2年が経ちました。

病院に新しく入った

ハイスペックのMRIで

脳を撮影したところ

今までの画像では脳の輪郭が

ボヤ〜としていたのが

クッキリ

さんごのような脳皮質。

今までボンヤリとしか写っていなかった

病巣がくっきりとわかりました。

主治医が

「MSの典型的脱髄痕」

という

アーモンド形の病巣。

以前から指摘されていた

髄膜腫も しっかり くっきりとおわしました。

新型MRIは主治医いわく

「そんなところまで見えちゃうの!」

という機能を持っているらしい。

タイサブリを導入して2年間

再発はスパッと抑えられております。

副作用も

たまに出る湿疹くらいでしょうか。

主治医は

「ジレニアからテクフィデラに

切り替えようとする患者さんで

治療現場が大混乱になるだろう」

と言っておりました。

一番、懸念されるのは

休薬期間中のリバウンド。

再発してしまったら

本当にモトもコもない。

さて

今回、採血、造影剤、点滴

と3回 針を刺しましたが

どれも「チク」でした。

よろこばしい。

5回中3回は

「今のは断じて「チク」じゃありません!」

と半身起こして叫びたくなるものですから。

今回の点滴で学んだこと。

急患があったらと思って

ベッドを遠慮して

ソファで点滴を受けたのですが

1時間 じっと座って点滴受けるって

なかなかしんどいですね…

最後の方なんて もはや

ソファにひっかかった

ボロ雑巾でした。

次回からは

申し訳ナイガ

やはり横にならせてもらおう…。

タイサブリ

3年目 突入です。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


コトリンゴさんオススメの

2017/02/28 01:17
土曜日のお昼

FMを聴いていたら

ゲストがコトリンゴさんでした。

映画

「世界の片隅に」

の主題歌

「悲しくてやりきれない」。

エンディングでなくて

オープニングにもってくるなんて

センスがよいなあ…

と感心しておりましたが。

さて

そのコトリンゴさんの

オススメで流れた曲

anonymassの

「Big Friend」。

春がつま先立ちで

軽やかに

くるくる回るような歌。

耳のフックにガツンとかかって

さっそくアマゾンさんで購入。

アルバムタイトルは

「Little Travelers in Wild Pajamas」

「しわしわパジャマの小さな旅行者たち」?

夢の中を冒険する子どもたちかな。

ジャケット、カワイイ。
画像


中ジャケ。
絵本みたい。
画像


コトリンゴさんいわく

「世界の片隅に」

の制作スタッフは

全員、すずさんのような人たちだったらしい。

そら、また…

ありゃあ…

ラジオを聞きながら思ったこと。

コトリンゴさんは

イビキもおならも

おしゃれでカワイイんだろうなあ。

ありゃあ…
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


逃げたくても逃げられない

2017/02/25 04:08
ときどき

MSになりたてのころの夢を見て

あ、転ぶ!

というときに感じるみたいな

ヒヤッとした感触で

目が覚めるときがあります。

そうして

思い出します。

診断が下りて

主治医から

自己注射の説明されているとき

「自分で注射しなければ
いけないヒトもいるんだな。

大変なビョーキだ」



完全にヒトゴトのように思っていたことを。

自分には別の治療法があるんだと

思っていたら

「ベタフェロン(皮下注射・2日に1度)

アボネックス(筋肉注射・週1)

どちらにしますか?」

と訊かれて

あ、ワタクシのことなのね。

と、たまげました。

アボネックス予習用の資料を見たら

「音楽などをかけてリラックス
(緊張すると痛みが増す)

1、2、3でうってみる」

などとオソロシイことが

明るく書かれていて

泣きそうになりました。



最初の一投目は

もう覚悟が決まっていたので

主治医が来る前に

ズボッと

うてました。

まあ、それは

終わりではなくて

始まりだったわけですが。

世の中には

学校や会社や

いろんなところで追い詰められて

自殺するまで

戦い抜いてしまうヒトがおります。

もう、そういうときは

何もかも捨てて

全力で逃げるのだ!

と、思うのですが

ああ

ビョーキは

逃げることができないのだなあ

と、気づきます。

なので

もう

デキの悪い子どもみたいなものだと思って

ともにゆかん

と、考えてます。

それでも

ビョーキをふり払って

逃げることができれば

全力で逃げますが。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


10万円以下の医療費控除

2017/02/22 00:57
暴風警報が出た

春の嵐の中

確定申告に行って来ました。

おととし
3月10日14時に行って

待ち時間2時間半。
↑死んだ

去年
2月25日9時に行って

待ち時間1時間半。
↑半死

今年
2月20日(月)
15時半に税務署に到着。

暴風のため
交通機関の乱れもあったせいでしょうか

待ち時間10分。

感激にうちふるえる。

さて

医療費控除。

平成28年の医療費は6万円弱。

10万円以下ですが

年収200万円以下の場合は

10万円以下でも控除対象になるそうなので

とりあえず

領収書だけ持って行ってみる。

で、係の人に計算してもらったところ

ワタクシの年収では

ちょうど

6万円以上から控除対象とのこと。

持って行ったのが
病院の領収書だけだったので

「これだけですか?他には?」

と聞かれました。

薬のレシートとかも
保管しておくべきだった。

帰り道

ビョーキのことや

税金のことを考えると

仕事をやめて

創作活動一本にしぼった方がいい

イヤイヤ

創作活動で
一切家計に貢献できてない以上

自分に何かあったときのための

お金は少しでも

稼いでおかないと

と思ったり。

扶養ってムズカシイね…。

こういう、まだらな自立心に

我ながらモヤモヤするんだが。

ガッと

ふり切りたいですのう。

ゼイタクな悩みでありますが。

帰宅して

鏡を見たら

口のまわりがまっくろ。

乾燥対策で

唇のまわりにワセリンをぬっていたので

吹きつけてきた砂が

ぜんぶはりついてた。

これは、あれだ。

カールおじさん。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


パワースポットの効果?

2017/02/19 02:59
空気の肌触りが

やわくなったなあ、と感じる近ごろ。

本日、ブッブーと

高尾山に行ってまいりました。

高尾山はケーブルカーやリフトを使えば

山頂までは楽に行けるのですね。

関東近郊で
なかなか強力なパワースポットと

聞いておりましたが

ナルホド

山頂に立ったら

急激に眠くなりました。

不眠のワタクシには

ありがたいことですが。

隣を見れば、身内もトロトロ。

パワースポットに行くと眠くなるって

コレなのかと

並んで舟をこぎながら考える。

そういえば、以前

韓竈神社に行ったときも

帰り、寝落ちしたな。

高尾山は猿田毘古神にご縁のある山。

大和神話のオハナシを
書こうとして

ちょうど
猿田毘古神の香り?が

頭の中を漂っておるところだったので

「アイディアに手が届きますように」
↑他力本願

と、お願いをしてきました。



山頂に向かう道で

前を歩いていた男性のおしりが

ブピャッ

という小気味よいホーンセクションを奏で

思わず、テケテケ笑ってしまったので

願いゴトはかなわないかもしれませぬ。

タコ杉にちなんで

タコの置物が祭ってありました。

イヤな予感がしたけれど

やはり…

「置くとパス(オクトパス)」

ということで合格祈願だそうな。

何でもアリ。

ないのはポリシー。
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


むくわれぬ想い

2017/02/14 02:16
今日モ
ドンヨリ 日本晴レ。

本日は

バレンタインデー。

ワタクシは今まで

恋のオハンシをいくつか

書きましたが

すべて

むくわれない

オハナシでございます。

自分の涙で溶けてしまった

なめくじのハナシやら

人間の若者に恋をして

彼のすべてを飲んでしまおうとした

引き潮の娘のハナシやら。

幸せだったころの

おもいでをこぶにためて

生きていけるようになった

らくだのハナシや。

「むくわれぬ想い」

というのは

その字面だけでも

何となしに

美しゅうございます。

目も 鼻も 口も

すべての穴をあふれさせて

ただ ただ

強く あなたを思う。

昭和の演歌の世界から

足を洗えないのです。

あなたの思いは

重いんです。

と、

ワタクシがオトコだったら

お断りするかもしれません。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


この世界の片隅に

2017/02/08 01:25
こうの史代センセのマンガ

「この世界の片隅に」。

泥沼化していく太平洋戦争下

ただ、日々を

ひたむきに

つつましく

つよく

ほのぼの

やわらかく生きた

すずさんという女性の日常を描いております。

同じ戦争ものでも

「はだしのゲン」が

ベートベンの「運命」(ジャジャジャジャーン)

だとすると

「この世界の片隅に」は

バッハの「ゴールドベルク変奏曲」(ポロンポロ〜ン)

という印象です。

「映画もまたすばらしい」



渡辺つぶらセンセから聞いて

見てきました。

映画の方が、やはり「強い」ですが

(活字の場合は俯瞰で見たり、

主人公に憑依したり

自分の立ち位置が調節できるんだけど

映画はそうもいかないので)

そうね

すずさんが

まな板をバイオリン

包丁を弓のように持って

音楽を奏でるように

鍋の中にきざんだ野草を落とすシーン。

ああ

もう、しみじみといいなあ…

と思いました。

玉音放送の後

おっとりなすずさんが

畑で ひとり はいつくばって

玉のような涙を

ぽろぽろと落として

歯をくいしばって泣くシーン。

「それがこの国の正体かね」

と。

ワタクシはこのシーンで

いつも泣いてしまう。

ワタクシの祖父は

衛生兵だったので

原爆投下直後

広島に行っておりんさるんですが

帰って来ても

息子たち(ワタクシの父)に

「お前たちにはよういわん」



口を閉ざしてしまったそうです。

祖父はその後

白血病で亡くなりました。

遺影では頭髪がなかったので

「あれもやはり原爆症で?」

と聞いたら

お父さんは

「あれは、お父さんがこまいころからハゲちょった」

と。

こちらは、グールドのゴールドベルク変奏曲。

ワタクシにとっては

これが一番

「この世界の片隅に」
に、ピタリとはまります。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


白鳥の風

2017/02/05 01:38
思い込みのオハナシ。

先日

「トランプ大統領が
エアフォースワン云々」

というニュースを見たとき

わあ

と、びっくりしたこと。

今までワタクシは

エアフォースワンを

「エア・フォー・スワン(白鳥の風)」

だと思い込んでおったのです。

「Air Force One」

なのですね。

「白鳥の風」

ネイティブアメリカンの
言い回しにあるんだろう

「赤い谷」とかあるものね…

白鳥→白・飛翔→正義のチカラ(アメリカ的思考)

的な連想をしてたのですが。

こういう思い込みを
よくやらかします。

むかーし

「危険な情事」

というサスペンス映画がありましたが

それも

「危険なジョージ」
(原題「Dangerous George」)

ジョージという男の

ハードボイルド映画だと思ってたり。

今は「天然」という便利なコトバが

ありますが

学生時代は

周囲にとっては
ただのストレンジパーソン

だったのではないかと。

クラスに、ワタクシの他にもう2人

ストレンジパーソン(女子)がいたけれど

席替えで

ワタクシを含めたその3人に

囲まれると

「バミューダトライアングル」が形成され

中の人が消えるとか

言われてた

と、同級生が悪意なく

教えてくれたなあ。

深夜のよしなしごと…
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ケーキの中の大福

2017/02/02 00:48
先日

画家の渡辺つぶらセンセと

オハナシをしていたとき

自分の来し方について
こんな話題を。

ワタクシ

常にアウェーな感じで

生きてきたような気がします。

例えば

世の中を
ケーキ屋さんに見立てると

たくさんのケーキの中で

自分もケーキのつもりで

存在をしていたのだけれど

いつからか

自分が実は

大福だと気づく。

これはイカンと

あわてて

おのれに生クリームをぬりたくり

頭にいちごをのせて

「大福ッテ何ザンスカ?」

くらいケーキのふりをしてきたつもりだけれど

いつ

「あ、コイツ、大福だぜ」

とバレるかと気が気でなかった

と、いうオハナシ。

ところが

つぶらセンセと話してたら

うん

大福でも

ケーキでも

どっちでも別に

どうってことないのだなあ、と。

もしかしたら

ワタクシのように

ケーキのふりをしている大福が

他にもいるかもしれないし

イヤ

実は、みんな

そうなのかもしれないし

自分が何者でも

おのれを受け入れられれば

それが

幸せなのかな、と。

コチラはつぶらセンセの作品

「迦陵頻伽(かりょうびんが)」
画像

この絵を見て

ワタクシはハーメルンの笛吹男に

ついていった子どものキモチに

なりました。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


主治医にBG12について訊く

2017/01/28 02:18
タイサブリの
点滴を受けに

病院に行ってきました。

今回でもう早23回目。

さて

もっか一番気になっている

BG12について主治医に

前のめりで質問をしてきました。

以下

わかったことを箇条書きに。

まず、よいこと。

・BG12は副作用が少ない。
(ほてりなどはあるようです)

・BG12の副作用にPMLがあるが
発症率はかなり低い。

・タイサブリやジレニアのように
「使えない体質」例が少ない。

・日本では、アボネックス、ベタフェロンとともに
治療のファーストチョイスに
BG12が入る可能性が高い。
→自己注射と飲み薬の選択ができる。

そして、よくないこと。

・当初の予想よりも再発抑制率が低く

アボネックス、ベタ<BG12<タイサブリ、ジレニア

のような位置づけになる。

・カプセルが大きい。

・導入すると1年間は
2週間に1回の通院になる。

ワタクシのフィルターを
通してではありますが

こんな感じだったと思います。

ワタクシの場合は

・タイサブリからBG12に移行するときに
どれくらい休薬期間をおくか
データがそろっていない

・タイサブリで再発を抑制できているので
わざわざ再発抑制率が低いBG12に
切り替えるのは、さてイカガなものか?

ということで

BG12への切り替えについては

主治医は「うーん」と首をかしげる感じデシタ。

ちょっと衝撃だったのが

BG12の再発抑制率が
思ったよりも高くなかったことデス。

「ものすごい美人の転校生がくる」

というウワサに期待に胸をふくらませ

実物を見たら

大したことなかった

という落胆。

そんなお手軽なモノではありませんが…。

今回、せめてもの救いは

点滴をするナースさんが

とても上手なヒトだったこと。

「ウグイスさん」と
ワタクシが心の中で呼んでいる

声の(お顔も)キレイな
ベテランのナースさん。

ウグイスさんがあらわれたときは

「アナタヲ待ッテタンデスウ!」

とすがりつきたくなりました。

気温のせいか

血管がさらに細くなっていたようで

ウグイスさんでも

手こずっていらっしゃいましたが

1回でルート確保。

点滴痕も小さく、内出血なし。

さすが、ウグイスさんと

点滴痕を見て

うなずいてしまう。

主治医によると

また新しい治療薬の研究が
始まっているとのことでした。

くわしく聞けませんでしたが。

選択肢が広がることは
本当にアリガタイ。

なんといっても

一生モノですから。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


受験PTSD

2017/01/23 01:29
もう

はるか昔のことなのに

未だに夢に見て

冷や汗をかきます。

センター試験。

ワタクシは

現役の年に

大学受験に失敗し

一年間、浪人しました。

数学が致命的にダメで

浪人の一年間は

数学ばかり勉強しておったのですが

再チャレンジで受けた

数Tの得点は36点。

現役のときが35点だったので

ナルホド
365分の1点ずつ進歩したのだ

と思うと

情けなくて

泣けて仕方ありませんでした。

ちなみに数Uはまったくわからなくて

全部「2」をマークしたら

奇跡的に1つ正解して4点。

志望大学は軒並み

E判定をたたき出し

センセーから

「この点で受かったら

逆立ちして校庭を一周してやる」

と言われたのですが

ナゼか

第一志望、合格できました。

合格発表の掲示板に

自分の番号を見つけたときは

「今年は不合格者をはり出してあるのか?」

と、いぶかしく思いました。

受験はミズモノ。

本当に何が起きるかわかりません。

今、生きてきた道を

ふり返ると

「大学で人生が決まる」
みたいなことを

叩きこまれていたけれど

今は

人生をどう生きるかで

受験や大学の価値が
変わるだけかもしれないなあ

と、思うようになりました。

当時はとてもそんなふうに
思えなかったケレド。

そういえば

センセーに逆立ちして
校庭を一周してもらうの

忘れチャッタ。
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


BG12

2017/01/16 01:20
最近、

何となく気持ちが落ち着きません。

BG12の導入が

現実味を帯びてきたせいか。

ずっと待っていた「針」からの解放が

いよいよ間近になると

今度は副作用の心配やら

結局、BG12が使えなかったときに

また、「針」に戻る失望感を

想像するやらで

ムネがふさぎます…。

BG12はフマル酸ジメチルという
名称なのだそうですが

このフマル酸ジメチルは

防カビ剤に使われる薬品ということもあり

ウーム

防カビ剤を飲むのか…

これはなかなかゾッとしないぞ

と、思ったり。

頭が地面にめり込むほど

落ち込むときよりも

こういうバリウムのような

「悶々」に飲まれているときの方が

結構、地味にダメージが大きいかもしれない。

本日

冷え込む午後

気分転換に散歩に出たら

近所の公園の池が

凍っておりまして

その上を、小鳥が

トトト…と身軽く歩いておりました。

ワタクシも

あんな風に身軽に歩いてみたいなあ。

わはは。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


マイクロナノバブルなるもの

2017/01/11 01:18
我が家のシャワーヘッドが
更新されました。

水道水の残留塩素を除去し
「マイクロナノバブル」なる水の泡?
で、毛穴からキレイにする…

というものだそう。

ほうほう

ナルホド、と思いながら

使用を開始して
一ヶ月近くが経ちます。

レビューにあったように

確かに風呂上がりのお肌が

つるっとしっとり

するような気がします。

でも

一番、劇的に変化を感じたのは

髪の毛です。

昭和のおっさんのように
頑固なクセ毛が

すとんとなじみ

頭頂部の
ちりちりのアホ毛が出なくなりました。

プラシーボかな…?

と思いましたが

実家のシャワーを使ったら

くせ毛がちゃぶ台をひっくり返す勢いで復活したので

やはり効果はあるんだなあ…と。

私はぼっちゃん刈りですが

ロングヘアの方は
特に効果を感じるのではないかしら。

これは2017年買ってよかったものの

トップ5に入るのではなかろうか。

買ったのは2016年末ですが…
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


おへそのティータイム

2017/01/06 03:44
あけましておめでとうございます。

新年から昼夜が完全に
逆転しておりまして

そのおかげ?で

近所から初日の出を見ることができました。
↑家が山の上にある

年初めにあたって
思いました。

ブログにあまりにも

ヘソが茶をわかすようなことを
書きすぎている。

同病の方の

何かしらのお役に立てれば…と

思っていたけれど。

もうこうなったら

ブログのタイトルを

いっそ
「おへそのティータイム」
に変えてしまおうか…

もとい

今年はとり年。

作家として鳴かず飛ばず。

夢を追う人間は

本人はよいけれど

身内が大変なのだと
しみじみ
気づかされてきたけれど

今年は長い滑走の末

「まぐれ!」的に体が浮くことを願って。

もうひとつ

今年、いよいよBG-12の
導入が始まります。

いろいろな変化が待っていそうですが

2017年の年末には

「今年もいろいろあったけれど

 まあ、いいトシだったよね」

と、みかんを食べていられますように。

今年もよろしくお願いいたします。
画像
記事へかわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


脊髄再発から2年

2016/12/31 01:39
クリスマスに

松江にある実家に帰省。

実家に帰ると

3度の食事を小人がつくってくれて
↑ウソです。母親です。

ゴロゴロしてても

10時と3時に

お茶とおやつが出てくる。

あとは

あきちゃん(柴犬の女の子)の

散歩をすればいい…

というユメのようなくらし。

先代の柴犬は

人に無関心で

なでても、シーン…

無反応。

ごはんを用意すると

逃げていくという

とてもフシギな犬でしたが

あきちゃんはとてもなつこい。

「あきちゃん」

とよぶと

キーンと走ってくるようすが

大変かわいらしい。

その大歓迎ぶりに

初対面のヒトは若干引いてしまうという…

先日

家族でグランドゴルフへ行ってきました。

グランドゴルフ、

ワタクシはゲートボールのようなものだと思っておりましたが

ちょっとしたゴルフなのね。

打てばうつほど

ホールポストから離れていく

というフシギな現象が起きました。

雨の中

後期高齢者の両親と

大きな声で笑って

走り回りながら

ふと

2年前の脊髄再発を思い出す。

主治医によると

大きな脱髄を
こさえてしまったらしいですが

ウーム

とにかく

今はこうしていられることを

しみじみとありがたく思う。

ブログを読んでくださるみなさま

今年もありがとうございました。

よいお年をお迎えください。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


22回目タイサブリ

2016/12/24 03:37
2016年

締めの

22回目のタイサブリが

ナントカ終了しました。

診察が終わって

主治医が

「M先生に点滴をお願いしてください」

とナースさんに指示。

オオ、先生オン自ラゴ指名トハ…

と、思っていたら

現れたのは

青い術着が着なれない感じの

マスクをした

おぼこい女子センセイ。

前回のタイサブリのとき

血管がやぶれて

腫れてしまったので

点滴の前に

事情を話すと

おぼこい先生の目に

動揺が走ったように見える…。

駆血帯をしばった後

両腕、
かわるがわる血管を探すこと5分超。

1回目ルート確保。

失敗。

2回目。

失敗。

3回目
(このあたりから
先生の不安が伝わってきて
こちらの不安が増幅する)

失敗…

ここで勇気を出して言ってみる。

「アノ…他ノ先生ニ、
オ願イデキナイデショウカ…」

おぼこい先生が

電話で他の先生を
呼び出しているのが

カーテン越しに聞こえ

「私がうまくルート確保できなくて…」

と言っている声音が気の毒になる。

処置後

「スミマセンスミマセン」

おぼこい先生が

何度も頭を下げるたびに

このコも
一生懸命なのに…

と、

どうしようもなく
申し訳ないキモチになり

「スミマセン」

と、コチラも謝って

お互いにどんどん頭が低くなる。

点滴中

睡眠不足がたたって

ベッドから
片足が落ちている状態で

半寝していたら

婦長さん
(と、ワタクシが
心の中でよんでいるナースさん)

の顔が半分カーテンから
のぞいていて

無言で

消える。

帰り道

自分で注射をうっていたころを

思い出して

自分だから打てたけど

ヒトにはムリだなあ…

と思うと

おぼこい先生の一生懸命さが
胸にしみてくる。

見上げた冬の夜空に浮かぶ

桜のかたいつぼみ。

おぼこい先生の顔と
重なって

がんばって!と心の中で

エールを送る。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


悪女

2016/12/20 02:33
「悪女(わる)」

というマンガに
ハマりました。

主人公はOL。

名前は田中麻理鈴(まりりん)。

イレギュラーを嫌う日本社会で

名前がすでにイレギュラー。

お顔も頭もカンバしくない



とにかく

カーンとあかるく

雑草のようにたくましい。

劇中に

ああ、こういうヒト、いるいる!

というヒトがたくさん出てきます。

優良物件(男性)を

「待って狩る」

食中花みたいなOLさんたちが

いる一方、

オトコなみのキャリアを積んで

入社してきたのに

任される仕事は
コピーとお茶くみだけ

鬱屈しているアマゾネスOL軍団が

食中花チームのオンナたちと

敵対する社会図も

実に感慨深い…

ナゼに女性は共食いをするのか…。

化かし

化かされ

のOL社会を

まっすぐつき進むまりりん。

「素直」



「誠実」

の前にはナニモ敵ワナイ。

徹夜を続けて
37巻まで完読しました。

大奥とか芸妓モノが
好きな方だけでなく

ビジネスものが好きな方も

楽しめるのではないかと。

俗にいう

悪女って

実は

生真面目で

いじらしい女性なのかもしれないな。

今週は

タイサブリ年納めです。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


耳が役不足

2016/12/14 03:54
ことばの聞き間違いが

とても多いです。

これはMSのせいではなく

生来のものじゃないか…
と、思っているのですが。

以前

ギターの種類を
教えてもらったとき

「これはSG」

というコトバを

「これはスージー」

と聞き間違えて

ナルホド

このギターをつくったヒトの
初恋のヒトの名前だったに
チガイない

と思いこみ
(ダニエル・ジョンストンの
「ローリー」的な)

それからは

メスのクワガタみたいなギターを
見かけるたびに

「オ、アレ、『スージー』デスヨ」

と得意げに言っておりました。

知り合いの方の
車に乗せていただいたときも

車内の会話を盛り上げようと

「前ニイル車ハ

何トイウ名前デスカ?」

と質問したら

「ベンツ」

という即答の後

「…この車と同じ種類。
(小さな声。きっと男性のたしなみ)」

と、つけ加えあり。

これを

ベンツではなく

「テツヤ」と聞き取り

「ハー
コノ車モ『テツヤ』ナノデスネ」

と相槌をうったことがあります。

その後も

会話(一方的)で
「テツヤ」を連呼。

今、思い返してみると

なるほど

あれが

「汚物を見るような目」

というんだな

と、しみじみ学びます…。
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


すごいねダイソンV8

2016/12/12 01:53
先日

階段のゴミを
掃除機ですっていたところ

(むく犬モップでやるのが
メンドウになって
掃除機で直に吸い取る算段)

掃除機の重みで
バランスを崩し

さらにコードに足をとられ

おやうく

死にかけたため

ダイソンV8を購入。

このコはカラダにやさしいコードレス。

さっそく

子どものカタカタ車のような感覚で

ダイソンを家中に走らせる。

よくテレビショッピングで

「掃除機をかけて

さらにカーペットクリーナーをかけた後」

という部屋を

ダイソンで掃除して

「ほら!」

と吸ったゴミを
ぶちまけるのを見て

うはー

さすがに
あれは仕込みだろう…

と思っておりましたが

うん

すごいね、ダイソン。

ラグの毛羽まで吸い取る集塵力。

モチをのどにつまらせたら

ダイソンで吸おうと思ってたけど

たぶん

クリアビン部分に

内臓が丸ごと回収されてしまう。

このパワーの前には

我が家の先代

コードタイプの掃除機が
完全にポンコツになり下がり。

鼻歌キブンで

吸い取ったゴミを
ゴミ箱に捨てようとしたら

クリアビンが開く方向が
予想と違って

ゴミが

すべて

床に落ちる。

もう一度

ダイソンで吸って

また

床に落とす。

これをくり返すこと数回。

ゴミを吸い取る力はバツグンだが

それを捨てさせないとは…

さすがダイソン。

一筋縄ではいかない。

実家の母に電話で

「オカーサン

だいそんスゴイヨ」

と、伝えたら

「はあ
島根にはそんなモノないわね」

と言われました。

あると思うよ…

電波が中国山脈で切れてたのは
いつのハナシよ…
↑いつのハナシでもないよ
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


「世界で一番リラックスできる音楽」らしい…

2016/12/05 01:41
もう

ここ何年か

眠剤と
安定剤が欠かせません。

眠い…

と思って
床についても

ナゼか
かっきりと目がさえてしまいます。

ウトウト…
となっても

「お、今、ウトウト、キター!」

と、コーフンして
目がさえてしまう。

世の中には

横になれば

目を閉じてしまうヒトがいます。

ワタクシは「フランス人形」と
よんでいます。

ああ

ワタクシも

フランス人形になりたい…。

さて

イギリスのバンド
Mrconi Unionの

「Weightless」
という曲があります。

何でも

イギリス音楽療法学会と
(あるのね、そんな学会)
合同で制作したそうで

ストレスを減らす効果が
科学的に証明されているとのこと。

それまで

ワタクシの入眠音楽は

tortoise の「TNT」でしたが

ナルホド

確かに
「Weightless」の方が

入眠効果が高いかも…

8分間の曲を

最後まで聞けたタメシがないので。

しかし

「眠れるアルバム」はいいとして

最後まで
たどりつけないアルバムって

制作側的には
どうなんだろうね…
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


ファッションは難しい…

2016/11/29 01:34
いよいよ師走。

坊さんが走り回る月です。

つい先日

知り合いの結婚パーティーに
お誘いをいただきました。

ワタクシは

過去

参加した結婚式は

2回しかなくて

社会人として

というより

ヒトとして
いかがなものか

というほど

そういった華やかな席に
縁がナイまま
生きてきました。

サテ
ナニヲ着テイクカナ



洋服ダンスを開いてみれば

他人から見たら

すべて同じものに見えるであろう

ボーダーシャツと

ネイビーのパンツが

ずら〜っと下がっていて

もはや壮観。

ということで

ワンピースでも新調しようかと

お買い物に出かけてみたものの
(ウェブの世界へ)

気に入ったモノがなかなかナイ。

求めているのは

色は黒

フラノ素材で

襟なし。

長袖

じんわりフレアで
(年齢的に「ふんわり」は周りがチョット)

ミモレ丈

全体的な印象は

「孤児院を思わせるレトロ感」。

最終的に

検索ワードに「レトロ」を入れて

検索をかけたら

カワイイのが

あるには
あったんだけど

はたして…。

これを着たら

「20年くらい前から
洋服を更新していないヒト」

になってしまうのではないか!

という懸念が。

着る人間がレトロだからね…

結局

無難にワイドパンツ(ブナン?)

とブラウスに落ち着きました。

ワイドパンツ

届いたのを
さっそくはいて

鏡の前に立ったら

もう出るコトバはただひとつ。

 殿中デゴザル!
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


21回目タイサブリ

2016/11/21 03:57
21回目のタイサブリが
ブジに終わりました。

今回は
脳MRIの撮影も
ありましたが

PMLの兆候も
新しい病巣も
ナシ。

ほっとひといき。

さて、点滴。

今回の点滴は
今までで一番イタカッタ…。

毎回、針の太さは24G(子ども用)で
打ってもらっているのですが

アレ
いつもと針のキャップの色が
ちがうような…

なんて思っていたら

ナースさんの

「ちょっとチクッとしますね〜」

という
あかるいかけ声とともに

腕の内側に

ズブズドン!(ズドンの部分は痛み)

「…アノ…イタイデス…」

と、声をかけてはみたものの

「う〜ん、
ちゃんと血管入ってると思うけど。

ちょっと薬、落としてみますね」

と、さらりと流される。

そして

タイサブリが体内に
入ってきた

冷たい感触とともに

ぐはっち!

激痛。

思わず

「イタイイタイイタイ!」

と大きな声で
さけんでしまいました。

いつもは「デューク東郷!」
と、ガマンするのですが

今回は、そんな余裕なかった。

ナースさんが

「あら、ちゃんと入ってたと思うけど」

と怪訝そうに言うので

「スミマセン…」

と謝る。

そして、
何だかフクザツな気持ちになる。

針がいつもの24Gに変更され

「血管が見当たらない」

ということで

初めて

手の甲に点滴を打つ。

手の甲ってイタイんですね…

途中

薬が落ちなくなってしまい

打ちなおされるのかと

背筋が凍ったけれど

1時間半かかって

ナントかブジに終了。

帰宅してから

ガーゼをはがしたら

最初に刺した針の痕

2cmくらい離れたところの血管が

血管のかたちに
くっきりと内出血を起こし

パンパンに腫れとりました。

やはり漏れておったか…

こういうときに

自分の血管が細いからイケナイとか

ナースさんは
一生懸命やってくれているとか

「怒っちゃいけない」

とガマンをするのが常でしたが

最近は
両手足をふり回して

ダレもいないところに向かって

はぜた豆のように
パチパチ
怒っています。

怒ってイイノダ。

人間だもの。

ナースさんに

面と向かって

自分のキモチを伝えることの方が

重要だと思うのだが。

言えないよォ〜♪

ヒロミ・ゴウ
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


スーパームーンとMS

2016/11/14 01:13
今日は

手にいちだんと力が入らない。

食事のときに

金属のスプーンを

重たく感じる。

調子の悪い日用に
プラスチックスプーンを
買った方がよいかもしれん…

備エ アレバ ウレシイナ

なんて

考えごとしながら
家事をしていたら

熱湯が入っていた容器を

落として

手にやけどを負う。

ナゼ コンナニモ
調子ガ 悪イノダロウ

と思ったら

14日はスーパームーンだとか。

MSに月の影響があるかどうかは
知らないけれど

なんとなく

生き物の体には
無関係ではない気が。

みなさまは
何か
影響はありましたか?

フィギュアのフランス大会フリー

浅田真央ちゃんの
ジャンプが
「精彩を欠く」
どころではなかったことも

メドベデちゃんが転倒したのも

スーパームーンのせいかもしれない

と思う。
↑こういうことを言う人間が
都市伝説をつくる

いや まて

メドベデちゃんは
セーラームーンが好きだから

お月さまは味方だね。

さて
スーパームーンで願いごとが
かなうとしたら

MSの完治を祈るのだろうか

それとも

「ジェマ・ワードにしてください」
と祈って

月面キックを喰らうのか
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


ヒステリーの残骸

2016/11/09 00:17
先日

戸棚の中のものを
取り出そうとしたら

扉のネジが
ゆるんでいるのを発見

ドライバーを出して

ヨヨッと

ネジの溝に
ドライバーの先を合わせようとするが

手の感覚が鈍っていて

合わせることができない。

何度も
カチャカチャやっているうちに

ネジが外れて落ち

戸棚の奥の暗がりへ

転がっていってしまう。

以前は

当たり前にできていたことが

できなくなると

そして

できていた記憶だけが
手元に残っていると

焦りだか
怒りだか
悲しみだか

分類できない
大きな感情のかたまりが

どっと押し寄せてくる。

カーッとなって

戸棚の中のものを

全部
引き倒ししてしまう。

そうして

時間が立ち

床に散らばった

ヒステリーの残骸を見て

なんだか

ものすごく悲しくなって

泣いてしまう。

記憶というものは

ときに

残酷ですな。

わはは。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


タイサブリを7週間空ける

2016/11/05 05:02
難病の治療をしながら

仕事を続けるというのは

なかなか

持久力のいることだと

最近

痛切に思います。

MSの診断が下ったときは

まだ結婚をしておらなかったので

「ひとりでも

ガンバルゾー」

と、こぶしを握り締めたけれど

2014年に失職。

同じ年に
大脳の再発が続き

トドメの脊髄再発。

精神的にも

経済的にも

ひとりでは

とてもじゃないが

がんばれなかっただろうなあ

と、今はしみじみ思う。

さて

今回
タイサブリをうつ期間を

初めて7週間空けております。

仕事の都合がつかなくて

主治医からは

「ウーン」な顔をされましたが…

大きな体調の変化はありません。

ちょっと足が

「ぞよつき」ますが。

しびれるというよりも

「ぞよつく」という表現が
一番ピッタリだと思うのだけど

伝わらないみたいデス。

タイサブリ

たまに打った後

点滴痕のまわりに湿疹が出るので

スチブロンをグイグイ
ぬりこんでおります。

2週間後に

脳MRIとJCウィルス抗体値の検査が
控えております。

元気ヲ出スノダ

と、己のケツを叩く日々。

ワタクシの景気づけの歌

ナンバーガール
「IGGY POP FAN CLUB」

先日、テレビで
今や知識人の又吉直樹センセが
「大切な10曲」に
この歌を入れておって

たまげました。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

一柳ナヲについて

多発性硬化症患者
雑種♀
本を書いてます
現在、長編歴史モノ執筆中

一柳ナヲの絵本

「おもいでらくだ」 「ぜんまいおおかみ」(name一柳ナヲ)
「吾輩はエコである」「みつめていたい」白馬書店

一柳ナヲの素

1.コントラクトキラー(映画:監督アキ・カウリスマキ)
2.タンデム(映画:監督パトリス・ルコント)
3.悪童日記(小説:著者アゴタ・クリストフ)
4.白夜(映画:監督ロベール・ブレッソン)
一柳ナヲのハードボイル道(ドウ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる