一柳ナヲのハードボイル道(ドウ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「"ブス"の自信の持ち方」を読んで

<<   作成日時 : 2018/02/11 03:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

山崎ナオコーラセンセの

「"ブス"の自信の持ち方」というエッセイを

読んでミマシタ。
https://43mono.com/series/busu_jishin/jishin01/

そもそも ブスについて語る女性って

そんなに ヒドい容姿の方がいない

というのが私の印象。

山崎ナオコーラセンセも

ワタクシからすると そんなにブスとも思われない。

あの容姿+作家としての才能

があれば そこらの美人風情より

よほど ヒエラルキーの上位なのではないかと思う。

「自分をブスだ」と言う人は

経験的データを

「客観的に分析して自分はブスだと判断」

という主観的判断から 逃れられない人が多い。

山崎センセの

「ブスにとって、美人は友だちだ。大概、仲良くなれる」

うん

友だちだ、まで言い切れませんが

美人は他人の美醜について寛容である

ということと

虐げられてきた者が発する特有のニオイを嗅ぎ取って

恵まれた者が持ち得る慈愛を発揮する

これは 経験上、間違いナイ と思う。

蛇足ですが 立ち位置ブス で書いております。

容姿に関して 書かれたモノで

一番 ああコレコレ

と 納得できたのは

シェリー・ベネット「ラーラはただのデブ」

かな。

スクールカーストの最上位に立つ美人の主人公が

どんどん 太り始めて 醜くなる

という お話。

美人が ブスになって ブスの気持ちがわかる

という 逆説的な展開だけれど

悲劇性もなく 乾いてて

ブスの生態について よく把握してる

と感じた。

ホントにね 皮ふ1枚 骨格数mmのお話。

たった それだけなんだけどね。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%81%AF%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%96-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88/dp/4087604349

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

一柳ナヲについて

多発性硬化症患者
雑種♀
本を書いてます
現在、長編歴史モノ執筆中

一柳ナヲの絵本

「おもいでらくだ」 「ぜんまいおおかみ」
「吾輩はエコである」「みつめていたい」

一柳ナヲの素

1.コントラクトキラー(映画:監督アキ・カウリスマキ)
2.タンデム(映画:監督パトリス・ルコント)
3.悪童日記(小説:著者アゴタ・クリストフ)
4.白夜(映画:監督ロベール・ブレッソン)
「"ブス"の自信の持ち方」を読んで 一柳ナヲのハードボイル道(ドウ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる