なりたい顔になる40代

最近

きちんとメイクをするようになりました。



ここ数年

「ナチュラル」と「野ざらし」は違うノヨ

と 己の顔を見るたびに

いろいろと 思うことありまして…



そういえば過去

念入りにメイクをした結果

大変残念なことになった例



マットなファンデ→デスマスク

パールタイプのハイライト→マダム・タッソー

ダブルアイライン→亀

ノーズ→京劇



同じ轍を踏まぬように

いろいろ 検討&試運転した結果

「おお、これは」と思ったのが

次の4つ。


エトヴォスのミネラルUVグロウベース

ヴァントルテのミネラルファンデ

同じく ヴァントルテのアイシャドウ(ブラウン)

ナチュラグラッセ のスティック ハイライト



UVグロウベースは健康的なツヤ感が出て

保湿力もスバラシイ。

膜感もありません。


そして

ヴァントルテのファンデは

塗った直後は ストッキングみたいな質感で

アレ?ですが

しばらく経つと なじんで その状態がかなり長時間持続します。


同じくヴァントルテのアイシャドウは

淡い色の発色がよく 濃い色はナチュラル。


ナチュラグラッセのハイライトは小鼻の脇に

まるく くりくりと

頬骨のところに

Cのかたちに少しだけのせてます。

テカテカせず マダム・タッソーになりません。


決して美しくはなりませんが

「なりたい顔」のイメージに近づくと

やればできる…??

と錯覚しそうになります。



それにしても

抜いたり 肥料をやったり

毎日 コツコツ

美容って 何かに似てるな と思ったら

あれだ

農作業だ。
画像

この記事へのトラックバック