これを期に世界が変わればいいなあ

対岸の火事のような気持ちで

武漢の大変な様子を見ていたのが

つい、先月のことだったか?


コロナウィルスの猛威 止まることを知らず



「健康な人であれば 風邪様の症状で完治する」

とは 耳にしていても

連日 「〇〇県で初の感染者」

「イタリアの死者800人」

そういったニュースを見ていると

気持ちが どんどん冷えてきてね…

気持ちが肥厚するというか

鈍化してくるというか


耳元で ワアワア 鳴りやまない騒音が

何も聞こえなくなる感じ。



2015年に ビル・ゲイツが

「次の脅威は核ではない。ウィルスだ」

と エボラを例にあげて

警告している動画を見ました。

Tedのプレゼン。

5年前。

えー

まさに 今のことではありませんか。


素人考えでは 血清をつくれないのか?

と 思ってしまうのだが

このプレゼンによれば

WHOには疫病のモニタリングする研究費はあるけれども

血清をつくることも含めて

疫病に立ち向かうための人員、設備、薬剤、医療器具

そういったものを補充し

かつ コントロールするシステムを構築する

お金はないのだそうな。


今の社会システム、

というか

経済システムに乗っ取られた社会システムでは

今後も同じような脅威にさらされるだろうな

と 思う。


医療、福祉、教育、環境保全

この4本柱で支えられ

かつ 循環する社会をつくりあげないと

未来が危うい というより

未来 ないんじゃないの?

と 思う。


先日、十代のオトコノコに

「君らが次の社会のバトンの担い手だね」
↑実にビミョーな表現だな

と 言ったら

「あのおっさん達(上を指さしながら)

バトンゾーンなのに めっちゃ走ってるじゃないですか。

全然バトンわたす気ないですよね?」

と 鼻で笑ってた。

「あのおっさん達」は

今 国を取り仕切ってる人たちのことだろう。


バトンを受け取る若者たちの気持ちを

頼むから 削がないで欲しいよ…
20200323(3).png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス