FEMのレコード・cuushe再始動

突然、目が覚めたみたいに

パアーッと

視界が開けたようになる

そういう音楽ってありますね。


最近、出会ったのですよ。

そういう 体にまとわりついた

澱みたいなものを

洗い流してくれる音楽に。


それがFEMの「Light」。

cuushe、再始動。
20200628.jpg
ジャケットがとてもキレイで

どこか 温もりのある懐かしい感じ。

クリアヴァイナルがお洒落。


3年間の活動休止で

多くのファンが彼女のことを心配していたと思う。


そんなところに

こんな復活、反則だ!と

笑ってしまうくらいの


軽やかさと

鮮やかさと

生命力にあふれた力強さで


まさに「Light」と共に

降り立った感じです。

地下鉄が地上に出たとき

光がいっぱいになって

パアッと 開けた感じがしますよね。

この曲を聴くと

同じ感覚になるんだな。


彼女も もしかすると

長いトンネルを通ってきたのかもしれないな、と

思ったりする。

いや

通ってきたに違いないよね…


ワタクシは彼女の声を聴くと

いつも 透明というよりは

すりガラスのような

やわらかさをイメージするんだけれど


「Light」を聴き終わった後は

すりガラスのドーム型の文鎮の中に

入ってる感じがして

とても満たされた ステキな気分になった。

↑出た すればするほど理解から遠のく説明


「1984」に出てくる

珊瑚の入ったガラスの文鎮みたいなヤツ…

あの小説の中でも

あの文鎮こそが「光」だったものね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0