57回目タイサブリ&虹の橋をわたった愛犬のこと

先週

突然死した愛犬のことで

お見舞いのことばがけをしてくださった方々

ありがとうございます。


おかげさまで

ようやく

視界のピントが合ってきました。
(泣き腫らして常にボヤけていたので)


父が

「家が空っぽになったみたいだ」

と 電話口でぽつり。


背中をさすりに帰りたい。

でも、今はコロナで帰れない。


飼っていたわんこ(あきちゃんは4匹目)は

みんな それぞれ 愛おしかったけれど

あきちゃんは

家族にとって ちょっと特別だった。


元気がなくて

膝を抱えてふさいでいるとき

ふと 目を上げると

いつも こんな目で見守ってくれた。
20200918.jpg


今年の桜は 悲しくて 目にしみる。


先日

57回目タイサブリを受けてきました。

JCウィルス抗体価の検査結果は0.4。

タイサブリを中止しなければいけない値が0.9なので

セーフ。


JCウィルスの検査の採血をしたのが

開頭手術してまだ一ヶ月経ったばかりで

まだまだ

体調も気持ちも不安定な中だったので

値が上がってるんじゃないかと

内心ヒヤヒヤしてた。

よかった…


主治医にMSの新薬メーゼントについて訊いてみました。


わかったこと

・効果はタイサブリ、ジレニアとほとんど変わらない

・タイサブリがMSの症状全般的に効果的なのに対し
メーゼントは運動領域の症状に効果がある。

・再発寛解型ではなく二次進行型に適用される

・↑上の理由のため、タイサブリ→メーゼントという治療の移行はできるが
メーゼント→タイサブリという移行ができない。
(二次進行型が再発寛解型に変わることはないので)


主治医が心配していたのは

専門医が少ないところで

新薬だけがどんどんリリースされてしまうと

治療の選択肢が広がるはずが

メーゼント→タイサブリができない

というように

治療の選択肢の横幅だけ広がって

タテ(見通し)の幅が狭くなりはしまいか

ということ。


道交法のないところに

高速道路が広がって

車線が何本もできるようなもんかな。


ケイオス…


すべてのMSの治療薬を鑑みたガイドラインが

早くできるとよいのだが。

というか できないと困るノダ。


点滴中

ナースさん達がコロナワクチンのことを話していた。

「〇〇さん、打った翌日、微熱が出たらしいわよ」

とか…そんなこと。

医療従事者の方々にワクチンが回っていること

実感できた。

よかった。

安心した。


現在

開頭手術から3ヶ月経過。

手術痕はうっすら茶色の線だけになり

髪の毛がかぶさって

ほとんど見えなくなった。


痛みはなくなったけれども

常に誰かが左側頭部の髪の毛を引っ張っている感じ。

それでも

「六角レンチねじこみ」の頃より全然マシ。


春なのに

春なのに

ため息 また ひとつ
↑時代

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)