髄膜腫摘出手術続き(恐怖の抜鉤)&だから自分な件

開頭手術から3ヶ月が経ちました。


最近、

「あれ、手術後、髪の毛っていつ洗ったんだっけか?」

と思って

LINEを遡ってみたら、

手術の1週間後に抜鉤があって

その日の夜に入浴してました。


ちなみに手術後は傷周りの頭髪が

血まみれの場合もあって

日にちが経つとバリバリに固まるらしいのですが

こちらの病院ではキレイに洗浄してくれていました。

ありがたし 涙


抜鉤....ばっこう。

手術が決まった時からある意味

手術自体より恐れていたものです。


縫合しているステープラ(ホチキス)を

バツン バツンと抜くヤツ。

仕事で書類のホッチキスを外すことがありますが

あれを頭皮で...

と 考えただけで足が震えて涙目になってました。

おかしいよね...?
と...


で、

実際体験してみてどうだったのか。


ドクターがステープラを外すリムーバーのようなものを手にして

傷口を触った時は

今すぐに失神させてもらえないものか

とか

心頭滅却

とか

とにかく首をすくませていたら


一発目の

バツン!
ブチ!(この「バツン」「ブチ」がセット)


...

あれ?

そんなに痛くないかも...

イヤ、痛いのは痛いが

耐えがたいほどではない。

続いて

バツン!ブチ!が繰り返され

半分程抜鉤が終わったところで

「残りは明日にしましょう」と。

さらに

「今日から入浴してもよいですよ」と許可がでる。


入浴はね...

本当はナースさんに手伝ってもらおうかと思っていたのですが

忙しいナースさんの手を煩わせるのもアレなので

浴槽にお湯を溜めて

いざ!と

お湯にドブンと頭をつけて

ユサユサ振る。

傷口触るのがまだ恐くて。


不思議としみなかったな。

入浴後の浴槽は洗剤でキレイに洗いました。



閑話休題


全く関係のないことですが

先日

高校の男性の数学のセンセが

黒糖まんじゅうにそっくりだったことを急に思い出しました。
2726ACB6-60FE-4DFE-A716-03F72764BA86.png

数学が全くわからなかったので

授業中は

「おいしそうだな」

とか

「センセに子どもができたら

産婦人科で

「男の子ですか?女の子ですか?」じゃなくて

「つぶですか?こしですか?」と聞くのかな

とか

考えてたんだよなあ


というようなことを

人に話したら

しばしの(不自然な)沈黙の後

「昔からそうだったんだね」

と言われました。


「ソウダッタンデス」

と 答えましたが

今、改めて考えてみると

かの人が言う「そう」の内容がわからない...

そして、またワタクシの返した

「ソウ」の内容も自分でわからない...


返しとして適切だったのか?


まあ

そういうわけで


だから

自分なんだな

と 思った次第。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い