テーマ:音楽

長い長い夜・集中治療室にて

回復中です。 日ごと、というより 週ごとにステージが上がる感覚。 先週まで髪をとかすことができなかったのに 今はできる... 気分は「ショーシャンクの空に」。 (のポスター) 今日は我が家のねこやん (現在、去勢手術のためエリザベスカラー装着中) が 術後初めて、うん...うん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FEMのレコード・cuushe再始動

突然、目が覚めたみたいに パアーッと 視界が開けたようになる そういう音楽ってありますね。 最近、出会ったのですよ。 そういう 体にまとわりついた 澱みたいなものを 洗い流してくれる音楽に。 それがFEMの「Light」。 cuushe、再始動。 ジャケットがとてもキレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人と仕事と信頼と

ニュースで新型コロナウィルスの 広がり様を目にする度に ウィルスってコワイなあ と 思うのと同時に 感染してしまった方々に対して 思いやりが欠けるように感じられる報道や パニック状態に陥った都市の様子を見ると ヤハリ一番コワいのは人間ダナ… なんて 思ったり。 でも とてもよい気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚底スニーカーデビュー・adidas pod-3.1

帰宅したら 回覧板が入っていて 「夏休みラジオ体操」のお知らせが はさんでありました。 夏休みのラジオ体操! なつかしい! 思い出します。 スタンプおしてもらうカードを 首からかけて 玄関を出た昭和の朝。 紫色の朝顔 足元の青い影 今日は暑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンブック

予告編を見たときから 「これはよさそうだ」と楽しみにしていた「グリーンブック」。 男の友情モノ&ロードムービーと 道具立てがスバラシイ。 ルコントの「タンデム」に匹敵する名作なんじゃないか、と ワクワクしながら見てきました。 さて ストーリー。 60年代ニューヨーク。 下町で暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとと生きる

寒い日が続いておりますが 歩けば 梅のすずやかな香りに 思わず顔を上げます。 さて ずっと 見たい!と思っていた 「あまねき旋律」を やっと見に行って来ました。 宴会場か?という程 さびれた映画館。 単館上映のこのおもむきが香ばしい。 インドの東北部 ミャンマーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画のようなお洋服YUMIGETAさん

先日 従妹とともに YUMIGETAさんというファッションブランドの 2019の春夏服の展示会へ トコトコ行って参りました。 今季のテーマは「バウハウス」(!!) だそうで 印刷のトンボなど ところどころに遊び心が加えられたテキスタイルが 絶妙にカワイイ。 凛と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界名作劇場OPランキングつけてみたり

週末に 律義に通ってくる台風のために 頭痛やら 耳鳴りがひどくなって 困っているのですが アア コノ頭痛ハ 何カニ似テル… とこめかみをモミモミしながら 思い出したのが アボネックスの副作用。 頭の芯から 脊髄まで抜く 鈍い痛み。 毎週末 本当にあれはキツかった… さて 先日 思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書室と骨肉腫

今日 ものすごく久しぶりに図書室に行ったら 外から 金木犀の香りが微かに漂ってきて その香りを嗅いだ瞬間 ゴオッと すごい勢いでフラッシュバック。 二十年前 最初に勤めた定時制高校。 図書室が大好きで よく放課後 本を読みに訪ねていたのですが あるとき 雑誌コーナーに ロッキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40代からのファッション

「婦人公論」の特集みたいなタイトルになってしまいました。 先日、ふと日本の平均年齢調べてたら 2014年推計で 46歳とあってビックリしました。 46歳か… そういえば 今の40代50代って 子どものころ ムチャクチャ多かったですものね。 都会だったら 小中高 どの学校でも1クラス40人で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おぞましい二人

「おぞましい二人」。 驚くベきことにこれ 絵本のタイトルなのです。 しかも 実際に起きた 「ムーアズ殺人事件」という猟奇的連続殺人事件を ベースにしているという… ある意味 それが絵本になっているというところが 「本当にあったコワい話」よりもコワい話かもしれません。 この絵本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦という才能

イヤハヤ キンチョーしました 男子フィギュア。 日本勢、金銀、ワンツー というすばらしい結果におわって 本当に よかった。 羽生選手のフリーの得点が出たとき 思わず にぎっていたタオルを放り上げてしまいました。 怖々 タオルを目元まで上げて 観戦しているファンの方を見ると アア… オキモチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スリー・ビルボード」を見よう

タフなヒロインの映画が とてもスキです。 さて 最近見た映画の中でも とにかく スバラシイ!ハラショー! と エンディングロールで 手を打ってしまったのが 「スリー・ビルボード」。 バンダナ+つなぎ というベスト・キッドな いで立ちの主人公が 男をやり込めたり 暴れたり 警察署に火炎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gofish

キンキンに張り詰めた 冷たい空気の毎日です。 弾いたら 高音が響きそう。 さて 先日 Gofishアルバムリリースパーティーに 行ってまいりました。 popoさんを初めて聴いて そのトランペットの調べに 夕方の商店街の風景が浮かびました。 オレンジ色の温もりと  むらさき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演会おわりました

講演会が無事に終わりました。 年末からひきずっていた風邪を こじらせてしまい 恒例の、フィラリア末期の犬のような咳が… ゼボゼボ。 「這ってでも行くぞ」 と、葛根湯をがぶ飲みし、出陣。 しかし、インフルでないからいいようなものの インフルだったら なかなかの生物兵器ではないか… 聴い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女は自転車に乗って

不眠祭が続いているので 深夜に映画を見ております。 昨夜は 「少女は自転車に乗って」 を見ました。 サウジアラビアの映画です。 主人公の少女ワシダちゃんが イスラム教のガッチガチの戒律と 男権主義社会の壁に 何度もブチ当たりながらも 「(女の子だって)自転車に乗りたい!」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘニング・シュミート東京公演

雨の土曜日 自由学園明日館 講堂にて 行われた ヘニング・シュミートさんの東京公演に 行って来ました。 そして うん 本当に すばらしい時間を すごしました。 演奏途中で 赤ちゃんの声がしたのですが 赤ちゃんの声が 演奏に しっくり なじんだのには おどろきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急落下

むかしから スランプとは 才能がある人がなるもので ワタクシとは 無縁のものだという おかしな自信? のようなものがあって 今までも 書けないことは 何度もあったのですが ふり返ってみて あ あのとき 書けてなかったな と 気づくくらいのもの。 が 数日前から 精神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

jan and naomiを教えてもろうた

秋雨は 降るたびごとに 秋が 地面に浸透していく気がします。 昨日 久しぶりに 菜花に逢いに行って来ました。 ちょうど 駅を出たら 踏切の向こうに 菜花が見えて こっちと向こうで ぶんぶん手をふって 1年ぶりくらいだから もう うれしくなっちゃって 踏切が開くまで 待ちき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Henning Schmiedt

本日 仕事でクタクタに疲れて 帰宅したら ヘニング・シュミットのCDが届いておりました。 やったー と 疲れが足元から 流れて出ていってしまう。 ただ今 聴きながら このブログをうっております。 だれの心の中にも 風景が あると思うのですが 視界いっぱいに 散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Butterfly Case

先週、cuusheの 「Butterfly Case」が 手元に届いて まあ、まずジャケの愛くるしさに ガツンと 一発 喰らいました。 久野遥子さんのイラスト。 可愛らしさ イノセンス  不調和 歪み すべてが 実に 少女らしいの。 そして また このアルバム cuusheの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベーチェット病

作家・しりこだまセンセの 「ソネット」を読みました。 主人公シゲルが ベーチェット病と 肩インピンジメント症候群という骨の病気を抱え 失明の恐怖や 肉体的な痛みや 恋人との別れ その悲しみに ねじふせられそうになりながらも いろいろな人に出会って シゲル自身の人生に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Night Lines

cuusheの Night Linesが届いたので 夜中に聴いてます。 確かW·バロウズが 「音楽には麻薬効果がある」 と 小説の中で いっていたような 記憶があるのですが 「ジャンキー」だったかな? Nighe Linesを聴いていると 頭の中で 輪郭の危うい光が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花 嫁

結婚式に行ってきました。 午前中は曇り空で まだ9月だというのに 羽織るものが必要な肌寒さ。 が 式が済んで、教会の外に出たら 花嫁さんのウェディングドレスが ぱあっと 白い花が咲いたように映える青空。 なるほど それで 花嫁なのか。 式に参列した いとこたちや おねいち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キチガ…に刃物

29日の朝のニュースは 全局が北朝鮮の弾道ミサイルの報道。 チリチリと 焦げつくような きな臭さの中で ふつうに ゴミを出し すれ違う人に 「おはようございます」と 頭を下げ 「いってきます」と ふつうに 仕事に行く。 日常の薄皮をめくったところに トンデモナイ危機がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅立ちました

膵臓癌で闘病していた 白馬書店の編集長が 旅立ちました。 7月半ばから入院。 月のおわりには もう ごはんが食べられなくなっていて 5日にお見舞いに行ったときは 「スイカが食べたい」 と 言い ふだんから あまり人に 頼み事をする人ではないので よきこと よきこと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェネレーション溝

先日、職場で 掃除をしていたとき 若いコが「この汚れがとれない」 と言ってきたので 「「ママレモン」ナラ 落チルカモ」 と言ったら 「ママレモンって何ですか?」 と聞き返されて ジェネレーション溝にショックを受けた次第。 もとい 本日は音楽のオハナシ。 ワタクシは女性ボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでも特別

週末 絵本の打ち合わせの帰り 渡辺つぶらさんと 赤坂見附で開催している 「小松美羽展」に寄ってきました。 ご本人もいらっしゃいました。 30代女性特有の肉食っぽい ギラついた感じが、実に香ばしかったです。 帰りの東海道。 テケテケ笑いながら あっという間に駅についてしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェーン・バーキンのかごバッグ

夜9時半ごろ 仕事でヘトヘトになって 帰宅したらば 菜花からお誕生日プレゼントが 届いておりました。 コチラ。 かごバッグ。 ジェーン・バーキンみたいで とてもカワイイ。 あまりにカワイイので ひゃあ と 歓声をあげてしまいました。 シンプルだけれど 持ち手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音波で細胞修復

火曜日の夜 「アレ、喉ガイタイナ」 なんて思いながら寝たところ 案の定、翌朝起きたら 喉がつんざけるようにイタイ。 そして、発熱。 これでは病院も行けない、と 定期検査とタイサブリをキャンセル。 仕事は休めないので 葛根湯をガブ飲み&マスクで 何とか水、木、金を根性で乗り切る。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more