テーマ:映画

人間はバカ、だけど

最近、Amazonプライムで見た映画 「みかんの丘」。 アブハジア戦争を背景に描かれた ヒューマンドラマ。 と書くと いかにも安っぽいのですが ↑それは、バカが「ヒューマン」と書くからですよ 自然の永続的な雄大さと美しさと それとは対照的な 人の愚かさと儚さと だからこそ 「いのち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

希望の灯り

夜更かしして 映画を見てばかり。 ドイツ映画を続けて二本。 「僕たちは希望という名の列車に乗った」 「希望の灯り」 鑑賞後の印象は「僕たちは~」の方が強くて (なんせ、旧東ドイツの異分子あぶり出しの舞台が高校だもの… ほとんど魔女裁判… ホント、ドキドキした) 「希望の灯り」は ぼや~っ とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ffixxed studiosのコート

先々週から ついに 命の母 を飲み始めました。 ゆらぎ世代 と ふわっと言いたいところですが ええ まごうことなき更年期ですね。 心が機雷みたいになってるので ちょっとでも擦れたら爆発 … みたいな状態を避けるために。 飲み始めてから 2週間くらいで効果が出るらしいですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Take Me as I Am, Whoever I Am.

今日、すれ違いざま 2人組の女の子たちが 「今年、冬、くるの?」と言ってるのが聞こえました。 確かに 霜月だというのに 霜の気配もナイ。 さて 現在 ワタクシがハマっているのが 東京藝術大学を目指す高校生の受験漫画 「ブルーピリオド」 と Amazonプライムビデオのドラマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死にたいほどの夜とムーミンモビール

死にたいほどの夜があります。 今週は ワクワクしない やるべきことがたくさんあって 体が思うように動かず つい 周囲に対して感情的になってしまうと 自分のことを もうちょっとはマシな人間だと思ってイタノニ と ガックリきて 身の置き所がなくなって わあああああ と叫びたくなり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランプ大好き

巨大な台風が 関東に接近中とのことで 気象庁とアメリカ軍の台風の進路予想を 4時間ごとにチェック 深夜2時にチェック中に 外で急に ウェッフォイ! という 咳払いが聞こえて 心臓が口からとび出るかと思った。 コワかった。 ↑深夜2時に スマホ画面見ながら ブツブツ言ってるオマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会の底をひっかきながら一生懸命生きている人たち

ケン・ローチというイギリスの映画監督がいます。 彼の作品は 移民問題、経済問題のしわ寄せが 一番大きく影響する 「社会の底をひっかきながら 一生懸命に生きる人びと」 が リアルに浮き彫りされています。 一生懸命生きているのに 報われない これが ケン・ローチの作品の一番の特徴かもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あじさいの日傘

あいつは 花びらのように見せかけておいて その実 さわってみれば 花びらのような頼りなげな ひやりとした感触はなく 厚みのある 乾いた かたい手触り 確かに それは花びらではないのであった。 …あじさいの話です。 最近、純文学風にものを語ることにハマっておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦喧嘩という名のデスマッチ

今、風呂の中で読んでる (湯船に浸かりながら本を読むクセあり) 島尾敏雄の私小説 「死の棘」が いろんな意味でスゴすぎます。 小説の最初から最後まで 浮気を延々と責め続ける妻と その責めに苦しみながら なんとか夫婦の関係修復を試みようとする「私」の 夫婦喧嘩という名の デスマッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニットの首回りをリメイクする

最近、お風呂上りに 「ハー サッパリシタ!」 と 言うことが多くなって ああ そんな季節になったんだなあ と思ってたら 今日のお風呂は 「ア~ アッタマッタ!」 な 花冷えの土曜日でした。 さて お洋服のお話です。 とても気に入っているコットンのニットがあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンブック

予告編を見たときから 「これはよさそうだ」と楽しみにしていた「グリーンブック」。 男の友情モノ&ロードムービーと 道具立てがスバラシイ。 ルコントの「タンデム」に匹敵する名作なんじゃないか、と ワクワクしながら見てきました。 さて ストーリー。 60年代ニューヨーク。 下町で暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとと生きる

寒い日が続いておりますが 歩けば 梅のすずやかな香りに 思わず顔を上げます。 さて ずっと 見たい!と思っていた 「あまねき旋律」を やっと見に行って来ました。 宴会場か?という程 さびれた映画館。 単館上映のこのおもむきが香ばしい。 インドの東北部 ミャンマーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメラを止めるな!を見て

先月 職場で 映画好きな方が 「スゴく面白いから見た方がいい」 と絶賛していた映画 「カメラを止めるな!」 を見に行って来ました。 その方曰く 「感想を言いたいんだけど ネタバレになっちゃうから言えないんだよね」 そう言われると気になるヨネ… 直後に テレビのニュース番組で見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英ドラマ「ヒューマンズ」

蒸しますね。 この時期の濡れたコンクリートのニオイ 「ああ この季節になったな!」 と 毎年思います。 風物詩だ。 さて 現在ハマっている英ドラマ 「ヒューマンズ」。 アンドロイドが感情を持ったら…という 逆説的に「人間性」というものを問う ロボット物の王道のテーマなのですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スリー・ビルボード」を見よう

タフなヒロインの映画が とてもスキです。 さて 最近見た映画の中でも とにかく スバラシイ!ハラショー! と エンディングロールで 手を打ってしまったのが 「スリー・ビルボード」。 バンダナ+つなぎ というベスト・キッドな いで立ちの主人公が 男をやり込めたり 暴れたり 警察署に火炎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gofish

キンキンに張り詰めた 冷たい空気の毎日です。 弾いたら 高音が響きそう。 さて 先日 Gofishアルバムリリースパーティーに 行ってまいりました。 popoさんを初めて聴いて そのトランペットの調べに 夕方の商店街の風景が浮かびました。 オレンジ色の温もりと  むらさき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

希望のかなた

世界的名(迷)監督、 カウリスマキの新作を見てきました。 「希望のかなた」 タイトルだけで泣きそう。 あらすじ シリア難民の青年カーリル。 内戦で家も親も失い ともに逃げた唯一の肉親である 妹ともはぐれ ひとり流れついた先はヘルシンキ。 難民問題を抱えるヨーロッパで フィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女は自転車に乗って

不眠祭が続いているので 深夜に映画を見ております。 昨夜は 「少女は自転車に乗って」 を見ました。 サウジアラビアの映画です。 主人公の少女ワシダちゃんが イスラム教のガッチガチの戒律と 男権主義社会の壁に 何度もブチ当たりながらも 「(女の子だって)自転車に乗りたい!」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏と腕

暑いですね… 毎日、昼過ぎの猛暑の時間帯に 職場へ向かっていますが 幸いにも しびれがひどくなったり、ということは 今のところありません。 ただ この時期、ひとつだけ ユウウツなのが 腕をさらすこと。 点滴の痕だらけなのデス。 瘢痕化しちゃって。 タイサブリやら造影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェネレーション溝

先日、職場で 掃除をしていたとき 若いコが「この汚れがとれない」 と言ってきたので 「「ママレモン」ナラ 落チルカモ」 と言ったら 「ママレモンって何ですか?」 と聞き返されて ジェネレーション溝にショックを受けた次第。 もとい 本日は音楽のオハナシ。 ワタクシは女性ボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェーン・バーキンのかごバッグ

夜9時半ごろ 仕事でヘトヘトになって 帰宅したらば 菜花からお誕生日プレゼントが 届いておりました。 コチラ。 かごバッグ。 ジェーン・バーキンみたいで とてもカワイイ。 あまりにカワイイので ひゃあ と 歓声をあげてしまいました。 シンプルだけれど 持ち手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友だちの定義

ワタクシの「友だちの定義」。 そのヒトが ワタクシのことを たとえ キライになったとしても その人のことを 友だちだと思うキモチに 変わりはないだろう というミョーな自信 その自信を感じることができる人が ワタクシにとっての友だちです。 と、いうハナシをすると 「わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ラ・ランド

今、話題の映画 「ラ・ラ・ランド」を見てまいりました。 この監督さんの前作 「セッション」、 とてもよかった。 青年ドラマーと鬼教官の 魂のぶつかり合い といいますか 一見、スポ根のようだが レディコミ級の粘着気質感もある 話運びがスキでした。 ということで、 「ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天賦の才+反逆魂=中村正義

東京都美術館で 開かれている 人人展に行って参りました。 心待ちにしておったのが 渡辺つぶらさんの新作と 初日に上映された 日本画家・中村正義の ドキュメンタリー映画。 そもそも 人人展は、中村正義が始めた 美術展なのです。 中村正義という人は 若干22歳で日展に初入選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世界の片隅に

こうの史代センセのマンガ 「この世界の片隅に」。 泥沼化していく太平洋戦争下 ただ、日々を ひたむきに つつましく つよく ほのぼの やわらかく生きた すずさんという女性の日常を描いております。 同じ戦争ものでも 「はだしのゲン」が ベートベンの「運命」(ジャジャジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鳥の風

思い込みのオハナシ。 先日 「トランプ大統領が エアフォースワン云々」 というニュースを見たとき わあ と、びっくりしたこと。 今までワタクシは エアフォースワンを 「エア・フォー・スワン(白鳥の風)」 だと思い込んでおったのです。 「Air Force One」 なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハードボイルドなおうち

住宅街をトコトコ ノラネコのように 徘徊するのがすきです。 歩きながら 道にそって並ぶ いろいろなおうちを見て そこに住んでる人のことを 想像するのがすきなのです。 キレイに芝生の生えた庭のある 白いおうち レースのカーテンが 招くようにゆれてるのなんか見ると きっとカタカナ表記の 長い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニャン転寿司

本日の夕ごはん。 近所の回転寿司なり。 回転寿司は オーダーした品がくると 「もうすぐ到着します」 みたいなアナウンスが流れて 食べるのと 動いてる皿を取るのと 同時にできないワタクシは 軽くパニックを起こします。 みなさん 「食べながら皿を取る」 をスマートにやってて 感心して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抱きしめたいのに抱きしめられない

サンタさんの橇の影が 月をよぎる夜であります。 さて 本日はクリスマスの夜に映画を… という方に オススメの作品をご紹介。 ロマンチックな恋の映画、 王道の中の王道 「シザーハンズ」。 両手がハサミの人造人間エドワード。 山の上の古城で ひとりぼっちで暮らしていた彼が ひょんなこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボン・イヴェール来日!!

映画「サヨナラの代わりに」 を見ました。 筋肉が動かなくなり ゆっくりと死にいたる難病 ALSを患った女性と 彼女を支え その最後を看取る 女子大生の友情の映画です。 ラスト 呼吸筋が衰え 自力での呼吸が難しくなったヒロイン。 人工呼吸器での 延命措置を拒否し 自宅に戻ります。 ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more