一柳ナヲのハードボイル道(ドウ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 病気と仕事

<<   作成日時 : 2017/03/18 01:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

フルタイムの仕事を
辞めてから

というより

失職してから丸3年になります。

3年前のこの時期に

急に管理職に呼び出され

「来年もお願いすると言ってたけど

新入社員がくることにナッチャッテ」

と、すまなそうに言われたときは

ホントに

サ〜ッと

からだが冷たくなって

ナルホド

これが「血の気が引く」

ということかと思いましたが。

翌月から

パートをかけもちして

働いたけれど

生活費と家賃に加えて

国民健康保険、住民税、国民年金

など

前年度の収入で換算される税金が

パートの収入より高くなってしまって

さらに

MSが大脳と脊髄に

立て続けに再発。

病状を悪化させるために

わざわざ仕事をしているような状態に

なってしまって。

病気の治療と仕事を

両立させるのは

なかなかに手ごわい。

ヒトは生きるために働いてるのに

体を壊すために働く、というのは

本当に本末転倒だな…と

しみじみ思う。

そういえば

「紳士は税金と寝た女の数のことを多く語らない」

村上春樹センセの小説に

そんなことが書いてあった。

税金のことを話すのは下品なのカシラ

と、口をおさえることもあるけれど

これは、たくさん収入があって

女に不自由しない男のヒト限定のマナーだね

とも思う。

カッ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

一柳ナヲについて

多発性硬化症患者
雑種♀
本を書いてます
現在、長編歴史モノ執筆中

一柳ナヲの絵本

「おもいでらくだ」 「ぜんまいおおかみ」(name一柳ナヲ)
「吾輩はエコである」「みつめていたい」白馬書店

一柳ナヲの素

1.コントラクトキラー(映画:監督アキ・カウリスマキ)
2.タンデム(映画:監督パトリス・ルコント)
3.悪童日記(小説:著者アゴタ・クリストフ)
4.白夜(映画:監督ロベール・ブレッソン)
病気と仕事 一柳ナヲのハードボイル道(ドウ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる