47回目タイサブリ&治療の止め時

秋が 日々 冷たい水のように

ひたひたと滲みています。

もうすぐ2019年の背中を見送ることになる。

時が過ぎるのが あんまりに早すぎて

たまに ちょっと ぞっとします。


さて 無事に47回目タイサブリを受けてきました。

今回の診察では

打腱器で膝やひじを軽く打ってもらって

体の反射を診てもらう。

異常なし。


センセーのお話では

MSの新薬の開発がどんどん進んでいるそうで

あんなに注射がイヤだイヤだと言ってから6年。

ここにきて ドカドカと新薬が出てくれるのは

まっことアリガタイが

その分、情報源の選択も含めた

情報処理能力も必要になってくる。

お勉強せんとなあ。


ただ、ワタクシの場合は

このままいけば タイサブリを最後にして

薬による治療はフェイドアウトしていく予定。


今のところ タイサブリが非常によく効いていて

脳の萎縮も全く見られないそうで
(体感的には激しく萎縮してる気がするのだが)

よい状態を保ったまま

タイサブリのリバウンド(薬のウォッシュアウトの後、MSが活性化する)を抑えつつ

多分、その期間はアボネックスになるんじゃないかな

その後 サヨナラ お薬。

という 筋書。


できればアボネックスは避けて通りたい…

あの副作用を思い出すだけで軽くPTSD起きるもの…

アボネックスに代わる新薬が認可されますように…。


さて 点滴。

「今日は何回刺し直しがあるのだろうか…」とビクビクしていたら

なんと 「今日の血管はすごくいい!ぷっくりしたのがある!」

とナースさんビックリ。
(どんだけ迷惑かけてるんだ…)

「これなら22G(点滴針の太さ)でいけるけど」

と言われて 多分 ワタクシ 顔に出たのでしょう

「24Gにしておくね」と。


本当に「チク」で済む。

血管が取りやすい人って こんなに楽なんだ!うらやましい!

と叫ぶ。心の中で。


基本的に 痛覚は鈍い方なのですが

歯を削られるのと 点滴針刺されたまま血管動かされるのだけはダメ…


さあ 今週は年末に向けてお仕事ラッシュです。

乗り切るぞ。


最近のタイサブリ用の「1時間寝たままでも大丈夫な」カッコ。
20191113.png

マキシ丈ニットワンピースにパンツのレイヤードは便利です。

あと 帽子。
(髪がクシャクシャになっても大丈夫)

何をどうやっても

ベレー帽は手塚治虫風にしかなりませんが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0