テーマ:漫画

仕事をつくる仕事

ここ数年 作品らしい作品を生み出さず 編集長が亡くなってからは 鳴かず 飛ばずの状態。 なんだろう この もや~んとした ぬくい白い泥の中にいる感じ… と 思いながら日々を見送っていたところ 最近 出会った仕事の現場が あとから思い出しても しみじみと楽しく …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その女、ジルバ

「その女、ジルバ」 の1巻を読みました。 スゴイよね。 内容が濃くて エネルギーをもってかれるので 1話でふつうのマンガの一巻分くらいあるんじゃないかと 思ったくらい。 主人公、新(あらた) 40歳 独り身 仕事は倉庫の品出し 通りすぎていく無彩色の毎日 抱える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナスイオン

漫画「岳」にすっかり影響されて (未読の方はぜひ!!) 先週の日曜日 御岳山に登ってきました。 まだ 紅葉シーズン前だけれど ケーブルカー近くにある駐車場は ほとんど満車。 紅葉のときはスゴイんだろうな。 ケーブルカーに乗って 続いて リフトで頂上付近まで上がったのですが 体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電車で倒れる

電車内で倒れました。 先週 病院でタイサブリを投与してもらって いつものように 帰宅中 あと5分くらいで 最寄り駅… というところで 急に 生あくびがひっきりなしに出始め 同時に 乗り物酔いのような悪心が。 ウーム ケボチワルイ… と 思って扉付近の手すりに取りすがった 2、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の声

先日 久しぶりに本屋さんへ行きました。 ふだんは ネットで本を買うことが多いのですが 本屋さんへ 行くと ああ やはり本屋さんは格別だ と思います。 新しい紙のにおいと 接着糊?だか インクだかの 化学物質なにおい 本の さわさわとした気配。 音にならない 本の「声」で満ちている感じ。 美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醜形恐怖症vol.2

拒食症のオハナシです。 今まで 数人の 拒食症の女の子と接する機会がありました。 ワタクシが思うところの 彼女たちの共通点は ◎ 強い自己否定感 ◎ 強い自己承認欲求 ◎ 完璧主義 ◎ 頭の回転が速い ◎ 努力家 そして 個人差が出てくるのが 周囲と自分との位置関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醜形恐怖症

仕事柄 思春期のコの摂食障害や 醜形恐怖症に 関わることが多いデス。 かくいう ワタクシも 若かりしころは おそらく カナーリ重度の 醜形恐怖症だったと 今さら 気づいたりします。 もう 容姿が 人間関係に 大きく作用する年齢でもなくなって (中年期以降は 美醜よりガゼン「清潔感」が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランケンシュタイン

漫画「BLUE GIANT」を くり返し 読んでます。 こんなに くり返し読んだのは 「親なるもの断崖」以来ではないかしら。 「BLUE GIANT」で ああ よく描けてるなあ と 思うのが ものづくりをして お金を稼ぐことの ムズカシサ。 そして 経済性?と独創性 「自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30回目タイサブリ

先週 タイサブリ点滴をしてきました。 もう 30回目になります。 2011年~2014年 アボネックスで治療 2014年 6月 大脳再発 12月 脊髄再発 2015年~現在 タイサブリで治療 今回は 脳MRI撮影もありました。 窯に入る前 キャッチャーマスクみたいのをかぶらされて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世界の片隅に

こうの史代センセのマンガ 「この世界の片隅に」。 泥沼化していく太平洋戦争下 ただ、日々を ひたむきに つつましく つよく ほのぼの やわらかく生きた すずさんという女性の日常を描いております。 同じ戦争ものでも 「はだしのゲン」が ベートベンの「運命」(ジャジャジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪女

「悪女(わる)」 というマンガに ハマりました。 主人公はOL。 名前は田中麻理鈴(まりりん)。 イレギュラーを嫌う日本社会で 名前がすでにイレギュラー。 お顔も頭もカンバしくない が とにかく カーンとあかるく 雑草のようにたくましい。 劇中に ああ、こういうヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

19回目タイサブリ&JCウィルス抗体値検査

水曜日、 定期検査を受けてきました。 先月、シッピングした JCウィルス抗体値の検査結果が 出ておりまして 今回は0.51。 1回目測定(2015年1月)→0.68 2回目測定(2016年4月)→0.31 3回目測定(2016年7月)→0.51 やはり、ユレがありますね… 主治医によると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風水で運命は変わる…ノ?

先日 引越しの片付けついでに出土した 秋里和国センセの 「蛇蝎(だかつ)」 や 岡野玲子センセの 「陰陽師」(原作は夢枕獏センセ) を読んだこともあって 風水にガゼン興味がわき 「ヨシ、新居を風水的によい状態に コーディネートすべし」 と、単細胞ならではの瞬発力で奮起。 「運気を上げるには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こころの里

小学生のころのゆめ 低学年 「おかしやさん」 中学年 「ケーキ屋さん」 高学年 「たこやき屋さん」 … 当時、好きだった食べ物なんでしょうね… 両親、はずかしかったろうな…。 このように、 現実からかなり乖離しておる上に 妄想力100 実行力0 のワタクシでありますが ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会の底をはって

最近、 「闇金ウシジマくん」を読んでおります。 ヤミ金に手を出す 人たちの人生が 欲望やら絶望やら 「負」のゴッタ煮が ゴトゴト沸騰してる鍋のようで 読んでいると その熱気とニオイに ヤラレそうになるので 度々 休憩をしながら読んでます。 カレシに殴られても貢いでしまう 風俗の女の子やら …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とおいとおい恋の星

ワタクシは12歳のときに 東京から島根県に引越しをしまして それから大学進学のため 実家を出るまで 思春期を 島根で暮らしておりました。 転校したてのころは 「あんた、コトバ、おかしいがね」 と、同級生にからかわれ  ソッチコソ! と、心の中でさけんだものです。 ↑生来の小心者 閑話休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喰う寝るふたり住むふたり

また、マンガのオハナシ。 ワタクシ、 気に入ったマンガを 何回も繰り返し読む習性があります。 歴代の名作では 「親なるもの」 「あしたのジョー」 「ロストハウス」 「つるばらつるばら」 ↑大島弓子センセのマンガはほとんどすべて 最近、このリストに新たに加わったのが 日暮キノコセンセの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハードボイルドなおうち

住宅街をトコトコ ノラネコのように 徘徊するのがすきです。 歩きながら 道にそって並ぶ いろいろなおうちを見て そこに住んでる人のことを 想像するのがすきなのです。 キレイに芝生の生えた庭のある 白いおうち レースのカーテンが 招くようにゆれてるのなんか見ると きっとカタカナ表記の 長い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深夜食堂

最近、マンガ「深夜食堂」に ハマっとります。 深夜の場末ネオン街のすみっこ ↑であろうと思われる 深夜から明け方にかけて開く 小さな居酒屋食堂。 ヤーさん ゲイバーのママさん AV女優&AV男優 ストリッパー 流しのギター など ワケありげな人々が集います 左目に傷がある イワクありげな店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこかで春が

バレンタインの日曜日 午前中は高木ブー(雷)が びかびか どごどご あばれておりましたが 午後は ぽかぽか日差しがさして おんもが それはキモチようございました。 ちょっと遠く離れたスーパーまで 買出しに行ったところ 野菜の安さに (最寄りスーパーの半額) 血圧がハネ上がり ミトコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トモちゃんはすごいブス

最近、仕事がないため  徹夜  ↓  朝、寝る  ↓  夕方、覚醒 という MS患者にあるまじき生活を 送っております。 カラダのために 「ヨクナイ ヨクナイ」 と、思いながらも 今夜もやってしまう 「マンガお試し読み」。 最近  カア オモイシロイガン←方言 と思ったのが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特定疾患とサービス

先日、 携帯電話のサイトを見ていたところ 「特定疾患医療受給者証をお持ちの方」 が受けられるサービスがある との 情報を見つけました。 特定疾患の医療受給者となってから 早、4年と半年が過ぎようとしておりますが 初めて 特定疾患でも受けられるサービスが あることを知り ガクゼン。 ショップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水枕羽枕

ワタクシ 湯船に浸かりながら マンガを読む習慣があります。 湯気などで ヨレヨレになってしまうので お気に入りは 保存版と湯船用と 2冊用意しております。 湯船の中で マンガを読むと 頭の中がとてもクリアになって さまざまな思い出のフィードバックやら 知識へのリンクやら それらの結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイサブリ5回目

ジメジメとした季節の到来。 紫陽花の青が すうっと 暑気と湿気を払ってくれますね。 月曜日 5回目のタイサブリを 点滴してきました。 血液検査の結果。 白血球とリンパ球が増加。 あとは 相変わらず カリウム濃度が高い。 肝機能は正常値なので 5回目のタイサブリ決行。 ベッドに横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女の順列

最近、 漫画「親なるもの 断崖」を 読み返したせいか 美しく生まれた女と そうでない女の 生き方について ふたたび考えております。 ↑幼少期からのワタクシのテーマ 以前、出くわした 電車の中での出来事。 私立の制服を着た3人の少女たち。 ひとりは人目を引くほど 目鼻立ちの整った美少女。 ひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親なるもの 断崖第2部

藤の花が 5月の陽をゆらして キラキラと輝く季節です。 紫水晶の光の粒。 本日は引き続き マンガ「親なるもの 断崖第2部」のオハナシ。 第1部は置屋に売られた お梅、武子、道子の それぞれの生き様が 遠吠えのような嘆きをもって 描かれておりますが 第2部は 身請けされて子を産んだ お梅のその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親なるもの 武子

本日は、昭和初期の女郎の生きざまを描いたマンガ 「親なるもの 断崖」の中から 登場人物である 武子のオハナシ。 室蘭の置屋、富士楼に売られてきたとき 武子は13歳。 他の3人の少女が不安におびえ 泣き叫ぶ中 女将にきっちりと三つ指ついて 「よろしぐおねげしますだ」 と頭を下げたところからも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親なるもの 断崖

ワタクシの愛書庫の マンガ層。 レベル1の層(いつでも取り出せる層) の一番高い位置を 20年近く キープしているマンガがあります。 平成4年に出版された 「親なるもの 断崖」 というマンガ。 絶版?になって久しいマンガなのですが それが無料コミックとして 配信されるようになったようです。 激…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイサブリ延期

青空に 桜が映える季節になりましたね。 暖かい1日でした。 本日は 目の検査(視力低下のため)と タイサブリ3回目の予定で 病院に行ってきました。 目の検査の結果は 「異常ナシ」 ワタクシが 特に気になっていたことは 明るいところから暗いところに入ったとき 以前よりも 物が見えにくくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エヴァンゲリヲンQ

さて、 土曜日は今年一番の 冷え込み。 あたたかく 着ぶくれて出かけました。 エヴァンゲリオン新劇場版QへGO。 大人だけでなく リアルタイムでエヴァに接していない 高校生や中学生のファンも めきめき増殖中のモヨウ。 公開から二週間たっても 映画館はイッパイ。 本当にスゴい人気です。 Qのス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more