テーマ:小説

開頭手術当日

もうすぐ術後一ヶ月になるんだなあ と カレンダーを見てしみじみ。 今現在のワタクシは ミランダ・ジュライの 「最初の悪い男」を読み 作中で生まれてきた赤ん坊の名前が ジャックで ちょうど、その前に ラース・フォン・トリアーの 「ハウス・ジャック・ビルト」を見ていて お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悩みながらも帰省

もう ここ数日 心が いっぱいいっぱいで 藁をもすがる気持ちで 実家に帰って来ました。 緊急事態宣言以来 ウィルスの感染防止には 努めてきたきたけれども やはり 今回の帰省は悩みました… 米子行のANAに搭乗。 機内のアナウンスでは 「本日、当飛行機は満席のご利用をいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FEMのレコード・cuushe再始動

突然、目が覚めたみたいに パアーッと 視界が開けたようになる そういう音楽ってありますね。 最近、出会ったのですよ。 そういう 体にまとわりついた 澱みたいなものを 洗い流してくれる音楽に。 それがFEMの「Light」。 cuushe、再始動。 ジャケットがとてもキレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦喧嘩という名のデスマッチ

今、風呂の中で読んでる (湯船に浸かりながら本を読むクセあり) 島尾敏雄の私小説 「死の棘」が いろんな意味でスゴすぎます。 小説の最初から最後まで 浮気を延々と責め続ける妻と その責めに苦しみながら なんとか夫婦の関係修復を試みようとする「私」の 夫婦喧嘩という名の デスマッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアコンなしよ・ウィーン&チェコ旅行⑥

台所においてあるカレーパンを 盗み食いするかどうか迷う深夜… さて 旅行5日目。 ホテルのスタッフの方が バスターミナルまで車で送ってくれました。 チップ合わせて10ユーロ。 バスターミナルまでは徒歩9分とあったけれど チェスキー・クルムロフの街は石畳なので スーツケースを引いて歩くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なめたらいかんぜよ・ウィーン&チェコ旅行⑤

まだまだ 日中は暑いけれど 夕方の雲や影の伸びに 秋の気配を感じますね。 さて 旅行4日目。 12:40 ホテル発のバス(ワゴン車だった)で チェスキー・クルムロフへ向かいます。 バスが到着したのが13:00だったので (運転手さんが「ゴメンナサイ」と両手を合わせて出てきた) チェスキー・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南方熊楠をもっと早く知っておけばヨカッタ

台風が接近しているせいか なんとなく皮膚下が ゾヨゾヨします。 さて 高円寺のギャラリー来舎さんで開催中の 「熊楠と猫」展に行って来ました。 ワタクシ おハズカシイことに 南方熊楠について 今回 初めて知った次第… 民俗学や植物学(特に菌類や粘菌などの「変性菌」とよばれるヤツ)の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「"ブス"の自信の持ち方」を読んで

山崎ナオコーラセンセの 「"ブス"の自信の持ち方」というエッセイを 読んでミマシタ。 https://43mono.com/series/busu_jishin/jishin01/ そもそも ブスについて語る女性って そんなに ヒドい容姿の方がいない というのが私の印象。 山崎ナオコーラセンセも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベーチェット病

作家・しりこだまセンセの 「ソネット」を読みました。 主人公シゲルが ベーチェット病と 肩インピンジメント症候群という骨の病気を抱え 失明の恐怖や 肉体的な痛みや 恋人との別れ その悲しみに ねじふせられそうになりながらも いろいろな人に出会って シゲル自身の人生に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Night Lines

cuusheの Night Linesが届いたので 夜中に聴いてます。 確かW·バロウズが 「音楽には麻薬効果がある」 と 小説の中で いっていたような 記憶があるのですが 「ジャンキー」だったかな? Nighe Linesを聴いていると 頭の中で 輪郭の危うい光が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒドイ男

今日はヘンな話題です。 ずいぶん前なのですが 電車だったか?ドコだったか 男性同士の会話を傍受したときのこと。 悩める男性ナニガシさんのいうことにゃあ どうやら飲み会で オンナノコをお持ち帰りして おいしくイタダイタのだが そんなコトして 彼女に対して悪かった オレはヒドイ男だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでも特別

週末 絵本の打ち合わせの帰り 渡辺つぶらさんと 赤坂見附で開催している 「小松美羽展」に寄ってきました。 ご本人もいらっしゃいました。 30代女性特有の肉食っぽい ギラついた感じが、実に香ばしかったです。 帰りの東海道。 テケテケ笑いながら あっという間に駅についてしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25回目タイサブリ

桜は、盛りもよいけれど 散り際が一番 胸をひっぱられます。 「花は盛りに 月は隈なきをのみ見るものかは」 兼好法師もそうだったのだろうか。 桜の花びらが舞う下 病院に行って来ました。 タイサブリ25回目。 JCウィルス抗体値も提示されました。 結果は0.39。 今のところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気と仕事

フルタイムの仕事を 辞めてから というより 失職してから丸3年になります。 3年前のこの時期に 急に管理職に呼び出され 「来年もお願いすると言ってたけど 新入社員がくることにナッチャッテ」 と、すまなそうに言われたときは ホントに サ~ッと からだが冷たくなって ナルホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を巻き込むなひとりで悩め

「悪魔の汗のように 濃いエスプレッソ」 の 村上春樹センセが またしてもノーベル文学賞を逃し なんと ボブ・ディラン氏が 受賞したと知り わあ、とびっくり。 歌詞が文学として 評価されたのこと。 オバマ大統領が ノーベル平和賞をとったときには ノーベル財団にとっては アフガンは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハフリ

お世話になっておる白馬書店さんから 新刊が出版されました。 山田光美センセが書かれた 「ハフリ」 という小説です。 さて あらすじ。 ある日 主人公の耳に飛び込んできた 「5人の中学生の連続自殺」のニュース。 この5人 住む場所も違う、 一見、何の関わりもない中学生。 ところが こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイサブリ6回目

雨が降り続いております。 洗濯モノとふとんが 干せないと 地味にストレスが溜まっていきます… さて 風邪が治ってきたと思ったら 今度は 原因不明の湿疹が腕に ぶわーっ と… ブツブツが出た腕をぶら下げて 受けてきました。 6回目のタイサブリ。 主治医が腕の発疹を見て 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はるか昔の遊女たち

女社会を生き抜いてくると 女は共食いをする生きモノだと 思うトキがあったりします。 確かに ある種の女たちは 互いの足をつかんで 引きずり落とし その身を踏んで 上に這い上がろうとします。 ワタクシは 池でコイにエサをやっているとき コイの大群が口をパカパカ上げて せり上がってくる様子を見ると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こもごも

来週の月曜日 2回目のタイサブリです。 去年、 下半期に 脳に3つ 脊髄にひとつ 大きな病巣をこさえました。 ワタクシの場合、 強いストレスがかかると 再発しやすいような気がシマス。 そうはいっても 「ワタシ、ストレスに弱いんだよね~」 と、やるせなげに言う人に限って 自分が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋭意整理中

現在 家の片づけをしております。 いざ 整理をしようと思ったら 情け容赦なく 捨てるべし 捨てるべし 後ろ髪を引っ張るモノも 後ろ足で蹴って ゴミ袋に入れる。 金色夜叉。 残ったものは 透明のジップロックに入れて 見えるように 小分けにして整理。 70リットルゴミ袋を ヨチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落選続き

夏に入って 仕事がまったくなくなったので 原稿をいろいろと 公募にかけているのですが まったく手がかからない。 「残念ながら…」という 落選通知の文句を読むと 本当に自分が残念な人間に思えてくる。 もはや 「才能ガナインジャナイカ…」 などと 悠長なことを言っているときは とうに過ぎてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深夜の「一千一秒物語」

深夜 読書と落書きに 精を出しております。 ↑そのうち、 東京都の粗大ゴミとして 処理される可能性大。 深夜の2時に ピタリとハマるのが 稲垣足穂センセーの 「一千一秒物語」 「星をひろった話」 「ポケットの中の月」 「星を食べた話」 「お月様とけんかした話」 など まるで宝箱の中身のような …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清貧ロマン

現在、風邪から回復中。 咳だけが 依然 デモ隊のように居座っております。 フィラリア末期の犬のような 咳が止まりません。 ゼボッゼボッ。 さて ワタクシ、今 有吉佐和子センセの 「青い壺」 という短編集を読んでおります。 青磁の壺が 人の手から手へと わたっていくのですが それを手にした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東屋さんでカード選び

お友だちの お誕生日がやってきました。 毎年 この日に感謝しております。 クラッシュの ジョー・ストラマーは言いました。 「友がいてこそ人生だ」 実に正しい。 先週の日曜日、 落とした財布を取りに スターバックスに行った帰り お友だちのバースデーカードを選びに 銀座伊東屋さんに寄る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冒険する時計

晴れた日曜日 梅雨の中休みです。 昼過ぎから 北千住のnygoさんで 髪のカット、パーマ、カラーを 一気にやっちゃいマシタ。 いつも通り 担当の吉井さんに 全てお任せです。 夕方 お友だちと待ち合わせて ごはん。 本日はベトナム料理。 おなかぺこぺこで 写真撮とる前に たいらげてしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛ある家年代記

夕べのことです。 いつものように アボネックスを太腿に ぶつり、と注射。 その1時間後 刺した痕が 引きつれるように痛い。 足を動かすたびに イテテと さするほど。 放置していたら 1時間後、 ガチガチと歯の根が合わなくなるほど 寒気がしてきて もう気温は高いのに 電気毛布を引きずり出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇の顔

「顔」と書いて 「かんばせ」と読みます。 薔薇の顔(かんばせ) 花には「かんばせ」という 音がぴったり、な気がします。 土曜日の雨雲が からりと吹き払われて 今日はキレイなお天気。 買い物がてらに 近所で花盛りの 薔薇の奥様、お嬢様方に ごあいさつに回ります。 この季節は お家の塀や花壇から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春樹センセーの新刊

引き続き、連休中です。 土曜日の深夜に打った アボネックス痕が ヒドイ内出血で イタイです… 1回でセイコーしたので (痛いときは何度も刺しなおす) 「でかした!」と 思っていたら… コンチキショー 気をとりなおして 村上春樹センセーの新刊 「色彩を持たない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

abさんご

第148回芥川賞を 受賞した 「abさんご」(えーびーさんご) 黒田夏子センセーの作品です。 読んでみました。 表紙を開いてびっくり。 ひらがなばっかり。 そして横文字。 句読点はカンマとピリオド。 ひらがなと ことばのリズムで 古文のように見えますが 横書きとカンマ、ピリオドのために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルボーパッチカーディガン

エルボーパッチ。 肘当てです。 タートルネック→とっくり 的言い換えです。 ちょっと前に マルタンマルジェラで 肘当てつきの トテーモ カワイイニットを見つけました。 そして 予想通り お値段は トテーモ カワイクなかった 肘当てカワイイナー ホシイナー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more